追加
AutoCADのオートデスクエンジニアリング地勢

AutoCAD用の60 Autolispルーチン以上

変換と操作のためのLisp


1 フィートからメートルへの変換、およびその逆

Autolispで生成されたこのルーチンは、入力値をフィートからメートルに変換することができ、その逆も可能です。結果はコマンドラインに表示されます。

あなたはこれらの値と異なるコンバージョン率は、私はあなたがこのファイルを参照してください示唆するものを詳細に観察したい場合は、ここで我々はまた、CVunit機能、この機能のlisp、取得した変換値、ファイルacad.unt(AutoCADのユニットの定義)を使用します。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 PIM
  3. コンバージョンタイプを選択します:フィートからメートルまたはメートルからフィート
  4. 変換する値を入力してください
  5. あなたは、ユニット変換の情報をコマンドラインで取得します

あなたはルーチンを得ることができます ここで


2 選択したすべてのテキストを乗算します

AutoLispで生成されたこのルーチンは、選択されたテキストのすべての値の乗算を得ることができます。このルーチンが正しく動作するために、選択されたテキストはTEXT型でMTEXT型ではありません。

たとえば、3、1、2の3つすべてのテキストが選択された3テキストが3つある場合、コマンドの結果はこれらの3つの数値の乗算になります。これは6と等しくなります。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 MUL
  3. 乗算を取得するすべてのテキストを選択します。
  4. キーを押す 入力します 結果を得る。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


3 インチからメートルに換算

この小さなルーチンは、コマンドラインでの結果を示すインチメートルに入力された値は、ほかにも、それは付加的な情報の一部として2間で分割した結果を示す変換することを可能にします。

このコマンドを変更して他のタイプのユニットを変換することができます。このためには、ソースコードを変更する必要があります。たとえば、convert インチからセンチメートル o 分〜秒、関数のパラメータを変更するだけです 「cvunit「、このコマンドでは、cvunitには次のパラメータがあります。「インチ」「メートル」、これらのパラメータを使用すると、入力された値はインチ(インチ)として取得され、メートル(メートル)に変換されます。パラメータを次のように変更できます。次のとおりです。「分」「秒」、「インチ」「cm」、「エーカー」「平方ヤード」、「フィート」「インチ」など。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 PM
  3. インチからメーターに変換する値を入力し、

準備が整いましたら、あなたは単位変換の情報を得るでしょう.

あなたはルーチンを得ることができます ここで


4 選択したレイヤーの線の長さを追加

このルーチンでは、選択したオブジェクトのレイヤーに含まれるすべての線の距離を追加できます。

このルーチンは、あなたは、あなたが選択したオブジェクトの層に含まれているすべての行の距離を追加することができ、彼らが選択したレイヤーでポリラインした場合、それらは無視されます。
すべての行の合計が見つかると、結果が表示されます。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 サムカパパ
  3. 追加する線のレイヤー内にある線を選択します

あなたはルーチンを得ることができます USD 5.99はこちら


5 選択したテキストに値を加算または減算する

AutoLispで作成されたこのルーチンは、選択されたテキストに値を加算または減算することを可能にします。

あなたは5の値を持つテキストを持っているし、このコマンドを使用して値2を入力した場合-7値が入力された場合、値2によって更新され、選択したテキストの変更は、テキストは3更新されます。

このルーチンを使用するには、以下を実行します。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 VSR
  3. 加算または減算する値を示します。
  4. 追加または削除するテキストを選択します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


6 網掛け部分から面積を求める

このルーチンを使用すると、断面シェーディングの領域を取得し、選択したブロック属性で得られた値を設定できます。

選択したシェーディングは、取得する領域のタイプを説明するレイヤー内にある必要があります。デフォルトでは、lispは次のXNUMXつのレイヤー名を読み取ります。シェーディングカット"と"シャドーフィル"

lispは、レイヤー内にあるシェーダーのすべての領域を合計します。シェーディングカット」およびレイヤーシェーディングのすべての領域「シャドーフィル」とハッチングの選択が完了すると、領域のブロックの属性が更新されます。このため、ブロックのプログレッシブ属性を最初に選択する必要があります。これは非表示の属性ですが、選択直前のlispに表示されます。その後、再び非表示にします。これは、コマンド「Attdisp「次に、切土と盛土の領域の属性が選択され、見つかった領域の値によってこれらが更新されます。

オブジェクトの選択は、セクションのプログレッシブのテキストを含むすべてのパンクチャを含むウィンドウによって行われます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 アクサ.
  3. 同一のプログレッシブのテキストを含むセクションのカットと塗りつぶしのすべてのパンクチャをウィンドウで選択します。
  4. プログレッシブの属性から始めて、変更するブロックの属性を1つずつ選択します。
  5. カットアンドフィル属性が選択されると、コマンドは自動的に終了します。

コマンドの理解を深めるために、サンプルのCADファイルがlispに添付されています。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


7 線またはポリラインの傾きを取得する

このコマンド(Autolispルーチン)は、ラインまたはポリラインのスロープ値を取得し、ライン長、水平長さおよび角度も取得します。

私たちが望むときには大きな助けとなる 私たちのイヤリングをコントロールするスロープを取得するには、線またはポリラインを選択するだけで十分です。結果は画面(コマンドライン)またはテキストを選択することで表示できます(このテキストの値は見つかったスロープの値によって変化します)。

ポリラインの場合、このコマンドは最初のセグメントの傾きのみを検出することが重要です。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 PND
  3. 勾配を得るために線またはポリラインを選択します。
  4. 希望する場合は、見つかった勾配の値を置き換えるテキストを選択することができます。そうでない場合は、 入力します 結果を画面に表示する。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


8.  選択されたラインまたはポリラインの合計を取得するための視覚的なリストのルーチン

これはLispで生成され、選択された行またはポリラインの長さの合計を取得するルーチンです。この合計の結果はテキストを選択するか、コマンド行にしか表示できません。

1つのウィンドウまたは1つずつ、ラインとポリラインをすべて選択することができます。

見つかった長さの合計のデフォルトの10進数は2ですが、別の値を入力できます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 lpl
  3. 長さの合計の結果の小数点以下の桁数を入力します
  4. 長さを追加する線またはポリラインを選択する
  5. キーを押す 入力します 選択を終了する
  6. 取得した合計の値で置き換えるテキストを選択するか、または 入力します 結果をコマンドラインに表示するにはもう一度

あなたはルーチンを得ることができます ここで


9 現在の図面の層のリストを生成する視覚的なリスト内のルーチン

これは、現在の図面のすべてのレイヤーの名前を含むリストを生成し、コマンドラインに表示する小さなルーチンです。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

AutoCADでlispファイルを読み込みます。
コマンドの名前を入力します。 lc
結果は、現在の図面のすべてのレイヤーのコマンドラインのリストになります。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


座標の操作


10.データテーブルを挿入するAUTOLISPルーチン

このルーチンは、指定された数の行と列を持つテーブルを生成します。これはAutoCADのテーブルコマンドに似ていますが、使用するには軽いです。

このルーチン 指定された行数と列数を持つテーブルを生成するAutoCAD Tableコマンドと似ていますが、Excelとデータをリンクしませんが、使用するのが軽い テーブルにあらかじめ定義された値を入力するオプションがあります これはデフォルトで「0.00」であり、後で編集するために各セルに配置されます。

このコマンドも 2つのオプションを使用してテーブルを生成することができます、最初のオプションはテーブルの定義を許可します 細胞の固定された高さと幅 その他のオプション これらの値を調整して、指定された行数と列数 ウィンドウの指定を入力します。

その他のオプションは次のとおりです。

  • デフォルトテキスト: 生成された各セルにデフォルト値(「0.00」)を挿入するようにコマンドに指示できます。この値はカスタマイズでき、他の値に変更できます。
  • テキストの高さ: 挿入されたテキストの高さです。デフォルトの高さの値は「0.25」です。
  • 正当化: 挿入されたテキストの2つのオプションがあります: フィット (セルに合わせる)と 真ん中 (細胞の半分)。
  • 色: これは、挿入されたテキストに含まれる色です。デフォルトでは、初期色は定義されている現在の色です。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 タブラ
  3. 選択された生成モードに従って、点が表示されるか、または2点が表示されてウィンドウが生成される

あなたはルーチンを得ることができます ここで


Excelとの対話のためのLispルーチン


11 座標点をCSVファイルにエクスポート

Autolispで生成されたこのルーチンでは、座標点をMicrosoft ExcelのCSVファイルに書き出すことができます。 これらの座標をエクスポートできるオブジェクトは、ポイント、テキスト、ブロックです。それらを選択し、座標の宛先ファイルを指定するだけです。

それは特別でなければならない オブジェクトがテキストの場合の注意座標をエクスポートするときに考慮される挿入点のため、 これらのテキストが持っている正当性テキストの正当性が正しいと確信している場合は、ポイントのエクスポートに問題はありません。

オブジェクトを選択することをお勧めします 1つの挿入ポイントを持つ AutoCADのブロックまたはポイントエクスポートされた座標が対応する座標であることがより安全です。

前述したように、このルーチンは点、テキスト(またはMtext)とブロックから座標をエクスポートしますが、 ソースコードを補完して、他のエンティティを考慮に入れることができます 例えば、円、線の最初の点、その他のオブジェクト そのデータベースにはコード10があります.

エクスポートされた座標は、 P、N、E、C(Point、North = Y、East = X、Cota = Z) カンマで区切られたCSVファイルにエクスポートされるとき、ファイルを開くときには、それぞれの値が別々のセルを占有します。

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 EPC
  3. 座標をエクスポートするオブジェクトを選択します(ポイント、テキスト、ブロックを選択することに注意してください)。
  4. エクスポートされた座標が生成されるCSVファイルの場所と名前を示します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


12  ROUTINEは、ラインからCSVファイルへのコーディネートポイントをエクスポートします。

AutoCAD用のこのAutolisp生成ルーチンを使用すると、選択した行の両端の座標のポイントをMicrosoft ExcelのCSVファイルにエクスポートできます

エクスポートされた座標は、 線の始点と終点ので、行が同じ点で結合されている場合、リスプは2と同じ座標を読み込みます。

この場合、必要に応じて 座標をソートするオプションを考慮する必要があります 重複したものを削除すると、エクスポートされた座標には フォーマットP、N、E、C(Point、North = Y、East = X、Dimension = Z) それがどのように CSVファイル (カンマで区切られています)、ファイルを開くときには、各値はセルに依存せず規則正しい方法で占有されます。

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 EL3
  3. 始点座標と終点座標をエクスポートする行を選択します。
  4. エクスポートされた座標が生成されるCSVファイルの場所と名前を示します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


13 MICROSOFT EXCELから座標のポイントをインポートするためのルーチン・リスト

AutoCADおよびその垂直アプリケーションで使用するために生成されたこのルーチンは、Microsoft Excelのファイルからポイントの座標を挿入することができます。このルーチンでは、インポートするファイルに関連する詳細を指定する必要はありません。あなたが望むようにポイントをインポートするために必要です。

ポイントをインポートするには、 インポートするポイントファイルにXLS拡張(オフィス2007より前のバージョンから)またはXLSX(バージョン2007以降)が必要です。 ファイル内で座標は次の形式でフォーマットされます。 P、N、E、C、D、 (P一緒に、 Nオルテ、 Eステ C太田 Ddescription)を参照してください。

それはあなたが読み取り座標に点オブジェクトを挿入するための方法の3種類の中から選択することを可能にします。

  • XNUMXつ目は、挿入することを選択することです AutoCAD Pointエンティティ (POINTコマンドによって生成されます)、AutoCADでのポイントの表示は、DDPTYPEコマンドで定義したポイント表示のタイプによって異なります。
  • 2番目のオプションは、 図面に格納されているブロックを選択する 読み取り座標に挿入されるポイントとして、デフォルトで、ルーチンは「cg-point」と呼ばれる新しいブロックを作成します。これは、図面にブロックがある場合、または図面にブロックがない場合に使用できます。
  • ポイントのスタイルに関連する第3のオプションは、 ハードディスクからブロックをインポートすることができますこの場合、ブロックが作成されたディメンションは、挿入時のブロックの視覚化に影響を与えることに注意してください。
  • ポイントデータ(ラベル)に関しては、iCe あなたはあなたが何を見せたいかを決めることができますポイントを表示したいだけの場合は、このオプションを選択する必要があります。これは次元のテキストまたはポイントの説明にも同じです。 3タグのデータを表示するか、表示しないかを選択できます.

また 挿入されたディメンションのテキスト内の小数点以下の桁数を制御できます、ラベルを持つスケール、インポートされたポイントの位置を基点とする同じものの回転、ポイントに対するラベルの分離など、これらのオプションを使用して名前を付けて保存することができます。あなたがインポートするポイント。

これらのオプションを使用すると、Excelファイルからポイントをすばやくインポートすることができます。ポイントのラベルのテキストがルーチンに依存しない方法を明確にすることは重要です。 図面の現在のテキストスタイルと現在のレイヤーです。

先日、ユーザーが開発したルーチンを公開しました。これはテキストファイルから座標をインポートすることを可能にしましたが、多くの制限がありますが、今回はこの新しいコマンドを通じて座標点の挿入を制御するオプションが増えます。

添付ファイルには、コマンドが不便なく座標をインポートするために必要な正しい形式のスプレッドシートとは別に、インポートできるサンプルブロックも含まれています。

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 ICE
  3. ダイアログボックスで、ポイントのインポートに便利だと思われるオプションを指定します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


14 csvファイルから断面への面積のインポート

このコマンドを使用すると、領域の断面(デフォルトの切り取りと塗りつぶし)を地形の断面にインポートできます。インポートする領域は、添付のサンプルファイルに従って、CSV(カンマ区切り)ファイルでなければなりません。

このコマンドは、csvファイルの最初の列にあるプログラムを読み込み、断面ファイルの右上に対応する切り抜き領域を挿入して、その同じプログレッシブのテキストを検索します。

切土および盛土領域にデフォルトで挿入される接尾辞は、「AC =」および「AR =」です。これらはコードで操作でき、小数点以下の桁数と挿入されたテキストの高さも同様です。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. 挿入されるテキストを含むレイヤーを現在のレイヤーとして確立します(例:「Text-Areas」)。
  3. コマンドの名前を入力します。 Arimx
  4. インポートする領域を含むSCVファイルを選択します
  5. 選択する あなたは挿入したい csvファイルからその対応する領域を選択したい場合は、キーを押すだけです 入力します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


15 図面に挿入された画像の経路を一覧表示する

イメージを扱う場合、現在の図面に挿入されているすべてのイメージのパスを含むリストを生成することができるこのルーチンで、ロケーションパスを含むリストを生成する必要がしばしばあります。

このルーチンは、オプションの入力を必要としません単にコマンドを呼び出すとAutoCADのコマンドラインに表示され、リストには挿入されたイメージのパスが表示されます。

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 ファイル

あなたはルーチンを得ることができます ここで


16 テキストを現在のファイルパスに置き換えます

Autolispで開発されたこのルーチンは、現在のファイルのパスと名前でテキストを更新することができます。

これは、計画のレターヘッドをこの情報で更新するときに役立ちます。
取得されたパスには、現在のタブの名前も含まれています。モデルスペースにある場合は、ルートの最後に表示されます。モデルでなければ、現在のタブの代わりに表示されます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 ルタ
  3. 一部のテキストを置き換えたくない場合は、現在の描画パスの値で置き換えるテキストを選択します。 入力します コマンドラインにパスを表示します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


17 現在の日付で選択されているテキストをさまざまな出力形式に置き換えます。

この良いルーチンの助けを借りて、現在の日付の値で任意のテキストを置き換えることができます。

8コマンドは、単純な日付型から長い形式の日付型までの、この日付の異なる形式の形式を提供します。現在の日付の日の名前は、AutoLispでプログラムによって取得されます。

タイプエンティティを選択することができます テキスト y 文章これらは選択された書式の現在の日付で自動的に置き換えられます。使用可能な日付書式は、図に示すものです。各書式は番号で識別され、コマンド行で要求されたときに書式を選択しますAutoCADの

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 RF
  3. 1の数字を8に、日付の出力形式を指定すると、疑問符を入力することができます(?)、使用可能な日付形式を表示する
  4. 選択した書式の日付に置き換えるテキストを選択します
  5. キーを押す 入力します コマンドを終了し、選択したテキストを更新する

あなたはルーチンを得ることができます ここで


18 選択されたテキストを表示または移動するルーティンリスト

1346という数値のテキストが1111になり、その逆の場合など、2つのテキストの値を逆にしたい場合、このルーチンを使用すると、選択されたテキストの値を転置することができます。

この結果を達成するには、2つのテキストを順に表示するだけで十分です。

このルーチンを使用するには、以下を実行します。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 TRA
  3. トランスポーズする2つのテキストを選択します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


19 指示された点の点によってテキストの内容を置き換えるルーチン

この新しいコマンドは、指定された点の寸法値(Y座標)を取得し、選択したテキストの内容として設定します。

このルーチンは、地形プロファイルを使って作業しているときに非常に便利です。頂点の高さを取得し、地形寸法を示すテキストの1つに設定したい場合、地形の断面を扱うときにも使用できます。セクションの軸の次元の値を取得し、その値を示すテキストに設定することが望まれます。

このコマンドでは、テキストに設定する次元を持つ尺度を指定することができます。これは選択したテキストの高さではありませんが、プロファイルなどの尺度が表示されます。例えば、プロファイルが10倍垂直方向では、10 NCコマンドをaとし、コマンドが対応する除算を行い、選択したテキストに適切な値を設定するように、スケールするように設定する必要があります。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 NC
  3. クォータの規模を示す
  4. テキストが指定された次元で持つ小数点以下の桁数を入力します(デフォルトでは3)
  5. クォータを取得するポイントを示します。
  6. 取得されたクォータの値で置き換えられるテキストを選択するか、キーを押すことができますか 入力します テキストを置き換えずに取得したクォータのみを表示する

あなたはルーチンを得ることができます ここで


20 接頭辞または接尾辞を追加することにより、指示された範囲で進行順および別の順にテキストを置き換えるルーチン

このコマンドを使用すると、指定したポイントのプログレッシブ値とディメンション値(X値とY値)を取得し、選択した2テキストで設定することができます。

各テキストに加えて、プレフィックスまたはサフィックスを追加します。たとえば、次の寸法(Y座標)にプレフィックスが示されている場合などです。 「CT =」、標高テキストが選択されている場合、コマンドは、取得された標高の値に加えて、指定されたプレフィックス(たとえば、「CT = 236.42」)で選択されたテキストを更新します。プログレッシブテキストが選択されている場合、コマンドは値で更新されます。得られたX座標と接尾辞の 「0+」、たとえば「0 +10.0」。

このコマンドには、プログレッシブと定義済みのディメンションのプレフィックスが付いています("0 +"と "CT =") ソースコードを変更することによってのみ変更することができます。また、必要に応じてこのコマンドを変更して、プレフィックスとサフィックスをテキストに同時に追加することができます。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 PC
  3. プログレッシブ(X座標)と座標(Y座標)の値がどの点から始まるかを示します。
  4. プログレッシブテキストを選択する
  5. ディメンションテキストを選択

得られたデータでテキストの値が更新されます

あなたはルーチンを得ることができます ここで


21 示されたポイントで特定のCOTAを確立するためのルーチンの自動停止

Autolispで作成されたルーチンで、与えられた点で次元値(Y座標)を設定することができます。

このコマンドは、データ(ポイントと値)を要求し、指示されたポイントのY座標に設定される最終値を得るための操作を実行する(ユニバーサル座標系(UCS)の座標値を、入力値によって示されるポイントに変更する)。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. コマンドを使用してファイルをAutoCADに読み込みます APPLOAD またはファイルをコピーしてAutoCADに貼り付ける。
  2. コマンド名を入力してください: OS
  3. ディメンションポイントを指示するプロンプトが表示されたら、画面上のポイント(特定のディメンションを設定するポイント)を指定する必要があります。
  4. このコマンドは、寸法値を入力してテキストを設定または選択するように求めます。
  5. ここでは、指示されたポイントにY座標を持つディメンションの値を入力する必要があります。値を入力するか、ディメンション値を含むテキストを選択できます。この場合、コマンドは数値のみを取得します。また、いくつかの説明があります。

指定されたポイントに入力された寸法が設定されていることを確認するには、コマンドIDを実行してポイントを指定し、Y座標の値が入力されたことをコマンドラインで観察します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


22  エリアス:輪郭に沿ったルーテンリスト

このコマンドを使用すると、オブジェクト間の内部ポイントを示す領域を見つけたり、閉じた輪郭を選択することができます。このコマンドは、取得した領域を表示したり、選択したテキストに設定したりします。

Axコマンドには次のオプションがあります。

初期リクエスト:
エリアの内部ポイントを指定するか、[オブジェクトの選択/オプション] :

ここでは、エリアを取得するための内部ポイントを指定する必要があります。その他のオプションについては後述します。

オブジェクトを選択: 空気を見つけるために内部点を指定する代わりに、閉じたポリゴンを選択して、あなたの領域を見つけることができます。

オプション: このオプションはコマンドオプションダイアログボックスをロードします。ダイアログボックスは次のようになります。

各オプションについては以下で説明します。

小数点以下の桁数: エリアの小数点以下の桁数です(デフォルトでは2)。
挿入するテキストの高さ:取得した領域のテキストを挿入する場合は、ここにテキストの高さが設定されます。

面積の変換: このオプションを使用すると、検出された面積の値を使用して操作を実行できます。各面積は、このオプションの下部に指定する必要がある係数で加算、減算、乗算、または除算されます。
このコマンドは、変換がアクティブであるかどうか、どの操作が実行されるか、およびどの値で変換が実行されるかを示します。

このオプションを使用すると、図面が異なる縮尺または他の図面単位の場合に領域をカスタマイズできます。

シェーディングを適用する: このオプションを使用すると、表示されている各領域を陰影付けして、見つかった領域をより正確に表示し、正しいかどうかを確認することができます(デフォルトで有効)。
シェーディングの名前:ここには、指定された領域に適用されるシェーディングの名前を指定する必要があります(デフォルトのソリッド)。

(シェーディング)スケール: ここでは、シェーディングのスケールファクタが示されており、このファクタは、選択されたシェーディングのタイプに従って可変である。

色(陰影): 指定された領域にシェーディングが適用される色です。

シェーディングの終了: 以下のオプションは、コマンドアプリケーションの終了後に適用されます。

ホールド輪郭: 有効な場合、生成された輪郭は削除されません。

ホールドシェーディング: 有効にすると、生成されたシェーディングは削除されません。

最終リクエスト:
エリアの内部ポイントを指定するか、[オブジェクトの選択/エリアテキストの挿入/オプション] :

テキスト領域を挿入する: このオプションを使用すると、テキストを選択して置き換える代わりに、取得した領域を含むテキストを挿入できます。 エリアが見つかったテキストには、デフォルトのプレフィックス「Area =」があります。このプレフィックスは、プログラムコードで変更できます。

テキストの変更: このオプションは、Enterキーが押されたとき、またはマウスの右ボタンが押されたときにアクティブになります。これにより、テキストの選択が要求されます。たとえば、「AC = 0.00m2」という内容のテキストがあり、コマンドを使用して3.25の領域が見つかった場合、コマンドはテキストを置き換え、「AC = 3.25m2」に更新します。 ご覧のとおり、AXは置換されるテキストの数値のみを置換するため、「AR = 0.00m2」、「AM = 0.00m2」、「カッティングエリア」などの異なるプレフィックスを持つエリアテキストを使用できます。 = 0.00m2」、「マイエリア= 0.00m2」など。

有効なアウトラインと無効なアウトライン:

有効なアウトライン

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 AX
  3. 見つけたい領域に内部ポイントを表示します(見つかる領域を完全に閉じなければならないことを確認する必要があります。そうしないと、エラーメッセージが表示されます)。
  4. 必要に応じて内部ポイントを何度も表示すると、コマンドは怒り、見つかったすべての空気を累積(合計)します。
  5. Enterキーを押すか、右クリックしてコマンドを終了し、既存のテキストの領域を設定します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


オブジェクトの選択


23 選択したオブジェクトのレイヤーのすべてのエンティティを選択

この小さなルーチンは以前のものと同じように機能しますが、レイヤーの名前はここではオブジェクトを選択するために入力されませんが、レイヤーの名前を取得するエンティティが選択されています。

前のルーチンと同様に、エンティティの選択は表示されませんが、選択されたエンティティのセットとして存在するため、選択モードを「」をクリックしてオブジェクトを選択します。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 SSL
  3. レイヤー名を取得するオブジェクトを選択して、他のエンティティを選択します
  4. 予測モードでエンティティの選択を有効にする

あなたはルーチンを得ることができます ここで


24 選択したポリラインから内部または外部のオブジェクトを削除する

このルーチンを使用すると、選択したポリラインの内側または外側の領域にあるオブジェクトを削除することができます。オプションが指定されている場合は、ポリラインが交差するオブジェクトが指示された面で切断されます。

ポリラインの外にあるオブジェクトを削除する場合、特別な注意を このコマンドは、ポリライン外のすべてのオブジェクトを削除します。.

選択するポリライン は閉じたポリラインでなければなりません。そうでない場合、ルーチンはセグメントの最後の点を最初の点に結合しますポリラインを仮想線で閉じ、その線の内側または外側にあるすべてを削除します。

オプションは論理的にカットされていますが、 手動で切断できるオブジェクトでのみ機能し、 たとえば、線、円、円弧など、ブロックやその他の複合オブジェクトは、切り取ることができるこれらのオブジェクトの内側には収まりません。

リスプ サンプルファイルが添付されています 最終的なファイルでコマンドを使用する前に、対応するテストが実行されます。

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 PolErase
  3. ポリラインを選択 オブジェクトを除去するためのエッジとして機能します。
  4. 1つを選択 オブジェクトを削除するオプションオプションを選択することができます: ウィンドウ (そのウィンドウの外側または内側にあるオブジェクトだけが削除されます)。 捕獲 (ポリラインのエッジで交差しているオブジェクトも削除します)。 削除とトリミング (名前が示すように、ポリラインの内側または外側にあるオブジェクトを消去し、境界線が交差するオブジェクトをトリミングします。
  5. 〜を示す どちら側のポイント (内部/外部)オブジェクトを消去またはトリミングします。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


25 入力したレイヤーのすべてのエンティティを選択できます

これは、指定されたレイヤー内にあるすべてのエンティティを選択することができ、エンティティを持つ可能性のある色やその他のプロパティーを区別することができないリスプルーチンです。

このルーチンは、レイヤの名前を入力するときには大文字と小文字が区別されないので、どのように入力しても、よく書き込まれるだけです。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 SCA
  3. 選択するオブジェクトのレイヤー名を入力します
  4. エンティティの選択を有効にする 前提

あなたはルーチンを得ることができます ここで


26 テキストの内容を別のテキストにコピーする

これは、autolispプログラミング言語で作成されたルーチンです。選択されたテキストの内容をコピーし、その値を選択する2番目のテキストに設定することができます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。
  1. コマンドラインを使用してAutoCADでlispファイルを読み込む Appload ファイルをコピーしてAutoCADに貼り付けるだけです。
  2. コマンドの名前を入力します。 RT
  3. 値を取得するテキストを選択します。
  4. 以前に取得した値で置き換えるテキストを選択します。

ご覧のとおり、ルーチンはシンプルですが、テキスト編集に関しては非常に役に立ちます。

このルーチンで使用されている言語はAutoLispであることに注意してください。新しいエントリでは、同じコマンドを公開しますが、VisualLispで記述します。構造のサイズがさらに縮小されます。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


27 元の値を失うことなくテキストの10進数を変更する

このlispルーチンでは、選択したテキストの小数点数を元の小数点数を失うことなく変更することができます。たとえば、2小数点で数値を表示できますが、内部的に定義された値を持つ新しいプロパティがあります。

この新しいプロパティは、[プロパティ]ダイアログボックスに表示されないため、このコマンドでのみアクセスできます。

lispでは、小数点以下の桁数を変更したり、このルーチンで先にフォーマットされたテキストの元の数を取得したりすることができます。 元々持っていた小数の数 元の値をリセットしたい場合。

それは注目に値する これらの元の値は残ります ファイルまたはAutoCADが閉じられているにもかかわらず、元のデータである あなたの価値は常にそこにありますたとえ元の値をテキストに戻したにもかかわらず、

この新しいコマンドは、 Excelの小数を変更するしかし、唯一の観察は、このプロパティは内部的であり、以前のように プロパティウィンドウは準備ができていません エンティティの拡張日付を表示します。

特別な配慮が必要です 選択されたテキストは数値テキスト、つまり、数値のみが含まれます。それ以外の場合、値は「0.00"

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 AREDE
  3. 実行するオプションの1つを選択してください
  4. 操作を実行する(数字の)テキストを選択します

あなたはルーチンを得ることができます ここで


28 最初に選択したものに基づいて複数のテキストを整列させる

AutoLispで開発されたルーチンで、最初に選択したテキストに基づいて複数のテキストを揃えることができます。

このプログラムでは、テキストを縦(列)または横(行)に整列させることができます。これは、最初のものを選択するだけで、他のテキストを整列するための基礎となります。
なお、テキストの整列の基準となる点は挿入点であり、すべてのテキストが挿入点として「左」の位置合わせを持っている場合、すべてのテキストがこの点に対して整列され、均一な配置。 テキストの位置合わせが異なる場合、それらはすべて挿入ポイントに対して位置合わせされ、テキストの位置合わせに一貫性がなくなります。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 アリット
  3. 軸合わせが得られるのハイライトテキストベース
  1. 整列するテキストを選択する
  1. 完了したテキストは、最初に選択した

あなたはルーチンを得ることができます ここで


29 テキストの高さをコピーして他の選択したテキストに設定する

AutoLispで作成されたこのルーチンは、選択されたテキストの高さをコピーし、後で選択されたテキストにその高さを変更して設定します。

たとえば、3テキストがあり、最初のテキストの高さが3で、次の2つのテキストの高さが6で、3ではなく6の高さも2秒にしたい場合は、最初に高さが以下のテキストを選択すれば十分です。 3、次に6の高さのテキスト。

このルーチンを使用するには、以下を実行します。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 CA
  3. 高さがコピーまたは設定する高さのテキストを選択します。
  4. 最初に選択した高さを変更するテキストを選択します

あなたはルーチンを得ることができます ここで


30 テキストを選択してブロックの属性に取得した値を設定します

AutolispとVisual Lispで作られたこのプログラムは、テキストを選択したり、コンテンツの値をコピーしたり、ブロックの一部である属性にそれを設定(更新)することを可能にします。

つまり、ブロックの属性を更新する場合は、既存のテキストに対して、最初にテキストを選択してから属性を選択するだけで、選択したテキストの値に応じて更新されます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 CTA
  3. コピーする値を含むテキストを選択します。
  1. 最後に属性を選択してメジャーを変更します
  1. 結果を以下に示します。

このコマンドは、特定のテキストから属性の値を更新する場合に非常に便利です。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


31 入力した割合に従ってテキストの高さを変更する

AutoLispで生成されたこのルーチンは、選択されたテキストの高さを、入力されたパーセンテージに従って変更することによって修正することができます。

たとえば、高さが0.5で、高さが1.00で、パーセントが1.5である2つのテキストがある場合、テキストの高さはそれぞれ0.75と1.5によって変更されます。

このルーチンは、高さの異なる多くのテキストの高さを変更する必要がある場合に非常に便利です。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 ch
  3. テキストの高さを変更する割合を入力します。たとえば、0.5と入力するとすべてのテキストが半分になります.2と入力すると、すべてのテキストが2倍になります
  4. 変更するテキストを選択します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


32 ブロックの属性の内容を消去するルーテインリスト

多くの属性を持つブロックがある場合は、それらの多くのコンテンツを削除する必要があり、通常は選択した属性をダブルクリックし、ダイアログボックスを読み込んでコンテンツを削除するまで待つのは非常に面倒です。

この面倒な作業を避けるために、 この小さなルーチンは、あなたが過ごした時間の少しを和らげます 上で説明したタスクを実行する際に必要です。 このコマンドを使用すると、コンテンツを削除する属性を選択するだけで済みます。

ブロック内のテキストが属性(時にはそれらの間で混同される)であることを確認して、ルーチンが正しく機能するようにする必要があります。 マインド、このコマンド 属性の内容だけを削除しますが、ブロックの属性自体は削除しません.

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 BCA
  3. その内容を削除するブロックの属性を選択します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


33 テキストの内容をコピーし、すべての選択されたテキストに設定するビジュアルリスニングルーチン

以前は、テキストの値をコピーして別の選択されたテキストに設定するルーチンを共有していましたが、今回は選択したテキストの値を取得し、選択した複数のテキストに設定します。

この新しいコマンドの使用は非常に簡単です。値をコピーする場所からテキストを選択するだけで、この新しい値に置き換えるすべてのテキストを選択する必要があります。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 RTN
  3. コピーする値のソーステキストを選択します。
  4. この新しい値に置き換えられるテキストを選択します。
  5. Enterキーを押してコマンドを終了し、テキストを新しい値で更新します

あなたはルーチンを得ることができます ここで


34 AUTOLISPのルーチンは、テキストの高さを増やすか、またはプログレッシブに縮小します

これは、IncreaseとReduceという2つのコマンドを含む呪文です。これらのコマンドは、選択したテキストの高さを変更したり、選択したコマンドに応じてサイズを増減したりすることができます。

サイズの変更は、テキスト内で行われたクリックごとに行われ、lispのソースコードに示されている要因に従って行われます。この要素は1.2です。 テキストの最初の高さは、 1.2 選択したコマンドに応じて、1.2をクリックするか、XNUMXの間で分割するたびに実行されます。

テキストがクリックされるたびにテキストの高さの詳細については、テキストに作成された各高さの変化に対する結果の高さを表示します。

このコマンドは、指定された最終的な高さを持たずに、テキストの高さを比例して増加または減少させたい場合に非常に便利です。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 AU (増加する)| RE (削減する)
  3. テキストをクリックすると、必要に応じてサイズを増減できます
  4. Enterキーを押してコマンドを終了します

あなたはルーチンを得ることができます ここで


35  選択された寸法の測定値を得るルーメン

次のルーチンでは、寸法測定(寸法)を取得できます。得られた値は画面に表示されます。この値はMicrosoft Excelなどでコピーして貼り付けることができ、各値は別々の行に貼り付けられます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 DimX
  3. 撮影する測定値の小数点以下の桁数を入力します(デフォルトでは3)。
  4. 測定値を取得する寸法を選択してください
  5. Enterを押して選択を確定し、得られた値を画面に表示します

あなたはルーチンを得ることができます ここで


36 要因に応じて数の値が増加することを視覚的に確認する手順

VisualLispのルーチンを使用すると、選択したテキストの数の値を増やすことができます。 VisualLispで生成されたこのルーチンは、示された増加要因に従って、選択されたテキストの数の値を(1つずつ)増加させることができます。

指示された値が負の数である場合、後続の値は初期値の減少となる。

たとえば、初期値が1数で、1の増分値が入力された場合、後続の選択された数値は1つの単位、次の2、次の3などで増分されます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 株式会社
  3. 初期値のテキストを選択する
  4. 増分を入力してください
  5. 置き換えたいテキストを1つずつ選択します。
  6. Enterキーを押してコマンドを終了します

あなたはルーチンを得ることができます ここで


地形と3DのためのLisp


37 3DFaceエンティティをACISソリッドに変換

いくつかの時間前、私はこの興味深いルーチンlispのに出くわしたと私は、ボリュームの計算で途方もなく私を助けている必要な時に、最近が、私は、使用していないが、市民3Dは私が必要とする結果が得られない瞬間で、このサプリメント。

それは、 3Dfaceオブジェクトを選択し、それらを一緒に押し出して単一の3Dソリッドオブジェクトに変換するその使用は単純で、単にオブジェクトを選択すれば、ルーチンはすべての作業を行います。

ルーチンがオブジェクト内で行う変更をより深く理解するために、 あなたは3Dビューを持っている必要があります, そうでなければ植物の視野では3D Solidで作成された高さは観測されません、なぜなら、 ソリッドは、選択した各面を現在のz軸の「下」に垂直に投影することによって作成されますユーザが指定した飛行機、飛行機、および飛行機までの距離を表します。

メッシュのすべての部分がソリッドとして生成されるようにするには、 この距離はゼロにすることはできませんが、 ブール演算またはソリッド編集操作で、必要に応じてソリッドを必要な厚さにカットすることができます。 結果のソリッドは、現在のレイヤーで作成されます。

小さい固形分の組合の終わりに、 操作が停止またはハングする メモリの制限のために、 それらを手動で結合しようとすることができます。

考慮すべき注意事項:

隣接する面が同じ座標を持たない場合AutoCADがソリッドに結合できないことが原因である可能性があるソリッド間には、非常に小さなギャップや重なりがあり、次のメッセージが表示されます。

  •  「交差曲線の封じ込めに一貫性がありません。」
  •  「頂点座標とコエッジ座標の情報に一貫性がありません。」
  •  「一貫性のないエッジと面の関係。」
  •  「一貫性のない顔と体の関係。」
    ソリッドを生成するときに問題が続く場合3DFaceサーフェスのすべての隙間を埋めるようにして、問題を解決するまで再試行する必要があります。

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 F2S
  3. 3Dを選択してソリッドに変換する
  4. ソリッドが3DFの各頂点から持つ高さ(下)を入力します
  5. ソリッドを生成する方法を入力します:自動または手動

あなたはルーチンを得ることができます ここで


38 標高から等高線に寸法を挿入します

いくつかの場合、ファイルにレベル曲線があることがわかりますが、このルーチンにはクォータがありません。このルーチンでは、必要な地形レベル曲線にディメンションを挿入できます。

挿入される寸法は属性を持つブロックであり、これらのブロックは ミリメートル。 このLispを問題なく使用できるようにするには、次のコマンドを使用する必要があります。単位」(単位)は、「に挿入するコンテンツの単位を定義しますミリ」(ミリメートル)。

このルーチンで輪郭線に正しい標高を挿入するには、標高が輪郭曲線に示されている点から取得されるため、標高(座標z> 0)が必要であることを明確にする価値があります。輪郭線の標高が0(座標z = 0)の場合、つまり標高がない場合、ルーチンはその値のテキストを挿入します。

ルーチンによって要求される縮尺は、図面がプロットされる縮尺を参照します。これは、挿入される寸法のテキストサイズの参照値です。寸法を使用して寸法が挿入されるまで、この値を増減できます。あなたが望むテキストのサイズ。

このルーチンには2の添付ファイルがあります: EL_TAG.dwg y EL_TAG2.dwg上で説明した属性を持つブロックですが、これらのファイルはどこにでもコピーできますが、ルーチンと同じフォルダに置くことをお勧めします。

AutoCADでこれらのファイルをロードするには、ダイアログボックスでAutoCADの場所のパスを定義する必要があります オプション->サポートファイルの検索パス。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 CPE
  3. レベルカーブの線の上の点で、寸法を挿入する場所を示します
  4. 挿入する寸法を持つ回転を定義する別の点を示します
  5. 挿入ポイントに示された他のディメンションを挿入し続けることができます。ディメンションを挿入したくない場合は、Enterキーを押してコマンドを終了します

あなたはルーチンを得ることができます ここで


39 切り取り線を引く、または斜面を塗りつぶす

このルーチンは、カットまたはフィルスロープのラインを描画します。これらのスロープラインは、プラットフォーム間のムラを示すために必要です。

このルーチンでスロープラインを生成するには、6データを入力してスロープラインを期待どおりに生成する必要があります。

要求されたデータは次のとおりです。

  1. 斜面線間の距離(m):ここでは、各勾配の間に分離を入力する必要があります。
  2. 最も高い次元のポリラインを選択する:勾配は2つの辺の間の差であるので、ここでは、ポリラインが最も高い次元の1つであることを示さなければならない。
  3. 一番小さい次元のポリラインを選択する:最低次元のポリラインを指定する必要があります。
  4. カットまたはフィル?:傾斜線の始点の描画方向は、カットかフィルかによって異なります。デフォルトでは、Enterキーを押すと、フィル値「R」と見なされます。
  5. 最大傾斜線の長さ:尺度が勾配の足までの距離よりも小さい場合、勾配線の端と交差しないことが観察される。大きなスロープフィートがスロープフィートのエッジラインとの交点に達すると、200や500のような大きな値が示されるべきである。
  6. 歩道間の距離それは歩道が持つ分離です。

定義をより深く理解するために、次のグラフを見ることができます。

ここでは、5mの傾斜線の最大長が示されている。
200mのスロープラインの最大長が示されています(スロープフットのエッジラインと交差すると自動的にカットされるように、誇張された値を与えるだけで正確な値は重要ではありません)。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. 生成する勾配の線を含むレイヤーを現在の状態で保持する必要があります。次に例を示します。スロープライン"
  2. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  3. コマンドの名前を入力します。 チック
  4. コマンドで要求されたデータを入力します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


40 勾配を指定して線を引く

このルーチンを使用すると、指定した勾配で線を描くことができます。線の挿入点と勾配を示します。

勾配は、1を基準にした値で示されます。例:2:1の勾配で線を描きたい場合は、取得する勾配があれば2数だけを勾配として表示します1:1.333の場合、0.75を入力する必要があります。

さらに明確にするために、1の最初の値(1:x)の傾きが必要な場合は、1を補完スロープ(x)で割ります。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 DT
  3. 行の挿入ポイントを示します。
  4. 上に説明したような線を持つ勾配を入力してください

あなたはルーチンを得ることができます ここで


41 指示された勾配で線を引く

この単純なルーチンでは、指定した勾配で線を描くことができます。線の挿入点と勾配を示すだけで十分です。

線は、10単位の水平長さと10の間に示される傾斜値の垂直長さで生成されます。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 LP
  3. 行の挿入ポイントを示します。
  4. %(ejm:12)の行を持つ勾配をパーセント記号なしで入力します

あなたはルーチンを得ることができます ここで


42 断面のカット面積と塗りつぶし面積を計算する

このリスプルーチンを使用すると、自然地形線とグレージング線(最終道路のセクション)を持つ断面からカットアンドフィルエリアを見つけることができます。

このリスプルーチンを使用すると、自然地形線とグレージング線(最終道路のセクション)を持つ断面からカットアンドフィルエリアを見つけることができます。

このリスプが領域を見つけるためには、地形と斜面ポリラインを選択する必要があります。コマンドは、見つかった対応する領域のテキストを挿入する点を求めます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 エリア
  3. 元のパスのポリラインを選択する(自然地形)
  4. 道路のポリライン(リムまたはサブスライダ)を選択します。
  5. 取得した領域のテキストを挿入する場所を指定します

ルーチンのさらなる圧縮のために、サンプルのCADファイルも.rarファイルに含まれています。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


43 縦断の斜面を挿入する

このルーチンでは、ギターに縦のプロファイル(ポリラインまたはライン)のスロープを挿入することができます。プロファイル(ポリライン)を選択して、スロープを示すテキストの垂直位置に対応するポイントを指定します。

線である場合、コマンドは端点のみを計算し、傾きを求め、ポリラインの場合には初期および最終頂点のそれぞれを取得し、すべてのセグメントの傾きを計算しますポリラインの

得られた勾配を示すテキストは、次のタイプです。1.11のP = 10.49%」とご存知のように、この形式は、各自の作業方法に合わせて変更できます。

前のルーチンと同様に、 現在のテキストスタイルは高さを考慮してはいけませんエラーが発生し、スロープは挿入されません。

ルーチンの始めに表示される目盛りは、テキストのサイズのみであり、傾きを処理するために取られた措置には影響しません。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 ポップ
  3. 取得したスロープのテキストの縮尺を入力します
  4. 傾きを計算するプロファイルを選択
  5. 斜面を含むテキストを挿入するための参照点を示す

あなたはルーチンを得ることができます ここで


44 ポリラインの頂点にマークを付ける

このlispルーチンは前のものを適用したもので、選択したポリラインのすべての頂点にマークを挿入し、選択するだけです。

挿入されたマークは、特定の縮尺に対して生成された図面ファイル(ブロック)ですが、完全にカスタマイズ可能で、図面のように編集することができます。この場合、中心点(この場合はブロックの円の中心) )。

ファイルのソースコードでは、ブロックの代わりに円を挿入することができます。そのためには、このコードを含む行のコメントを削除し、ブロックを挿入する行をコメントするだけです。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 IMA
  3. 頂点をマークするポリラインを選択します
  4. エクスポートするファイルのパスと名前を示します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


45 選択した線の傾きを取得

AutoLispで開発されたこのプログラムは、選択された行のスロープの値を取得することを可能にします。

このコマンドは線でのみ機能します。ポリラインを使用している場合は、ポリラインの上に線を展開する必要があります。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 TL
  3. スロープを取得する線を選択します。
  4. 得られた情報は、傾きH:Vである。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


46 コンテナウォールの3パックルーチン - パート3:壁のセクションからのプロファイルの作成

このルーチンを使用すると、擁壁のプロファイル(標高)を生成することができます。このプロファイルは、壁の断面のデータから作成できます。これらのデータは、プログレッシブ、クラウン寸法、および基礎寸法です。

コマンドで要求されたスケールデータプロファイルの垂直スケールを参照しません(プロファイルは水平に等しい垂直スケールで生成されます) プロファイルテキストの縮尺(寸法およびその他のデータ)は異なります。

プロファイルを生成するには、最初にセクションの進行を選択してから、クラウンの高さと最後に基礎の高さを選択すれば十分です。

あなたはデータの選択に特別な注意を払わなければなりません テキストを選択せず​​に画面をクリックすると、コマンドはプロファイルを生成するためのデータの選択を完了したものと見なすためです。

このルーチンに沿って、CADファイルが供給される、lispルーチンを実行するための例として、壁の断面を使用します。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 MUP
  3. プロファイルテキストの縮尺(サイズ)を入力してください(例:75)
  4. プログレッシブテキストを選択する
  5. クラウン寸法のテキストを選択します。
  6. 基礎の底のテキストを選択します。
  7. 壁のすべてのセクションで選択を完了したら、 入力します 壁面形状のクラウンの左上が生成される点を示す。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


47 コンテナウォール用の3パックルーチン - パート2:壁面のサイズ(数量)

このルーチンを使用すると、以前に発行されたルーチンで生成された壁のセクション(同じ設計基準を持つため)の断面を寸法(寸法)できます。結果は次のようになります(壁の寸法によって測定値が異なります)。

このルーチンは、生成される次元の尺度を求め、 この尺度は、寸法線の間の分離を指し、寸法のサイズおよび形状は、現在の寸法スタイルのみに依存する これは、スケールされた作業のためにユーザによって予め生成されなければならない。

斜面を生成するために、壁の生成のための前のルーチンのように進んで、道路のセクションの勾配の肩、壁が必要とされる側の辺、および高さ壁の土台の底にある点を示すオプションを使用します。

このルーチンは、前の記事のルーチンで生成された壁の一部のみを制限することに言及する価値があります。壁のセクションと同じ描画基準を使用しているため、 別の種類の壁に適用する場合にポイントを計算する操作をコードで変更することができます.

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 マッド
  3. 寸法線間の間隔の尺度を入力します
  4. 参照点を示します(画像のP1)壁に
  5. 壁の向き(左または右)を示します。
  6. 壁のセクションの下部にあるポイントを示します(画像のP2)

あなたはルーチンを得ることができます ここで


48 の壁用3ルーチンのパック - パート1:壁のセクションの作成

このルーチンは重力の種類の封じ込めの壁を生成することを可能にする3の最初のものですが、今度は競合の壁を生成するルーチンをあなたと共有しました。今回はルーチンが異なるデザイン(対策)の壁を生成します。

道路の芸術作品(壁やカルバートなど)は必ずしも各作品のデザインが同じではないことを覚えておいてください。このデザインは、それを構成する同じエリアの多くの要素の機能です。

このルーチンを使用すると、次の設計基準を使用して擁壁を生成することができます。

それを生成するには、斜面の肩を指定する必要があります 壁の必要な側の道路のセクションの、 lispを使用すると、任意の側に壁を生成できます。そのため、方向を指定するだけです。 (左または右)。

高さこれは2オプションを使って定義され、 第1のものは定義された高さ(H)であり、第2の選択肢は壁の基礎の底部の寸法この高さは画面上の点によって示されることができ、プログラムは高さおよびそれからの他のすべての尺度を計算する役割を担う。

プログラムは壁の高さの2つの基準を前提としています: 最初の基準は一定の高さの壁です基礎の基礎は水平ではなく、 第2の基準(最も使用される)は、壁の高さが可変であることである基礎の基盤は水平であり、道路の斜面には追従しない。

このリスプを使う方法は各ユーザに依存しますが、最も便利なことは、ルーチンの助けを借りずに最初に壁のプランを生成できることです。この方法では、このlispの正しい使い方を理解するのがずっと簡単になります。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 三菱UFJ証券
  3. 示された側の脇の肩のポイントを示します
  4. 壁の向き(左または右)を示します。
  5. 壁の高さを定義する方法を選択します(基盤の高さまたは高さによる)

あなたはルーチンを得ることができます ここで


49 コンテイナーの壁を描くためのルーチンオートリスプ

このリスプルルーチンでは、道路の重力タイプの壁を描くことができます。この壁に描かれている尺度は常に同じです(一定です)。唯一の変化は壁の高さです。

この壁が生成されるポイントは、特定の壁設計の測定値から生成されます。このリスプを使用してカスタマイズされた尺度で壁を生成することが望まれる場合、プログラム内で記述された尺度を変更する必要があります。

次に、壁が生成されたポイントを含む次のグラフが表示されます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 MU
  3. ウォールジェネレーションの開始点を示します。
  4. 壁の向き(左または右)を示します。
  5. 壁の高さを入力してください

あなたはルーチンを得ることができます ここで


50 アライメントの進捗を生成するためのルーチン・リスプ

この便利なルーチンは以前から私の手に渡っていましたが、断面や縦断面を生成する必要なしに簡単なアラインメントを生成したい人にとって、このルーチンを利用することができます。

ルーチンにはダイアログボックスのインターフェイスがあります プログレッシブの最終フォーマットをカスタマイズすることができます シャフトに挿入される。

ルーチンを使用するには、ポリライン(配置)が必要で、次の手順に従います。

  1. ダウンロードした3ファイルを1つにコピーする サポートパスの あなたのAutoCADの
  2. ファイルをアップロードする AutoCADのリスプ (APPLOAD付き)。
  3. コマンドの名前を入力します。 プログレッシブ
  4. ダイアログボックスで、生成するプログレッシブの形式を定義します。
  5. これらのプログレッシブが生成されるポリライン(アライメント)を選択します。
  6. プログレッシブ生成の開始点になる点を示します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


51 地面および床の森林からの長期的なプロフィールを生成するためのルーテイン

これは縦プロファイルのフォーマットを生成する最も完全なルーチンの1つです。 単純に2つの2Dポリライン(地形と放牧)を選択するだけで、ルーチンは、表示する必要があるすべてのデータを含むプロファイルの書式を生成します。

このプロファイルの生成を成功させるには、選択するポリラインが2Dで可能でなければなりません。そうでないと、操作にエラーが発生する可能性があります。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります:

  1. ダウンロードした3ファイルをコピーする あなたのAutoCADのサポートの1つのパスに
  2. アップロードファイル: プロフィールプロフィール AutoCADで(APPLOADで)
  3. コマンドの名前を入力します。 プロフィール
  4. 表示されたダイアログボックスで、「データ」をクリックし、「Terreno"と"斜面」をクリックして、地形とグレードポリラインを選択します
  5. あなたが望むなら、定義することができます ダイアログボックス内の他のデータ プロファイルを作成する前に(オプション)
  6. その 挿入ポイント 生成するプロファイルの先頭

あなたはルーチンを得ることができます ここで


52 図面のARCOS対策を追加するための視覚的な表示の手順

このルーチンを使用すると、図面のすべての弧の距離または選択した弧の距離だけを追加し、追加した結果をコマンド行に表示することができます。

このルーチンを使用すると、図面のすべての弧の距離または選択した弧の距離だけを追加し、追加した結果をコマンド行に表示することができます。

このルーチンを使用するには、次のようにします。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 スマーク
  3. 追加する図面の弧を選択し、すべての弧を選択する場合は、キーを押します 入力します 円弧の選択の要求の前に。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


その他


53 他のファイルに保存されているUCSをインポートするためのルーチン・リスト

AutoLispとVisual Basic for Applications(VBA)で作成されたこの面白いルーチンは、 任意のファイルから名前を付けて保存したUCSをインポートできます 私たちの絵に二次的です。

このツールは非常に便利です 多くのUCSを扱う飛行機で作業する場合私たちは通常、最初のファイルにUCSを作成します。このルーチンでは、他のファイルに対しても同じ処理を行う必要があります。 最初に作成してから、他のファイルにインポートすることができます.

ルーチンは、他のファイルからUCSをインポートするオプションがない点を除き、Designcenterツールと同様に動作します。 このルーチンの場合 ドラッグアンドドロップを許可していませんが、結果は期待通りです.

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. DVBおよびLSPファイルをAppload Startup Suiteにアップロードまたは追加します。
  2. コマンドの名前を入力します。 IMPUCS
  3. その地域では ソース図面、ボタンをクリックします 次の項目を選択します。:UCSをインポートする図面ファイルを選択します。
  4. その地域では 見つかったUCSインポートするUCSを選択し、[OK]ボタンをクリックします。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


54.ポリラインの指示された頂点を排除するLISPルーチン

AutoCADでは、ポリラインがあり、頂点の1つを削除して、それを実行できるようにするには、2つ以上のコマンドを適用する必要があります。

このルーチン 削除したいポリネラの頂点を指定するだけで十分です および配置された事項。

ルーチンが正しく動作するためには、ポイントを示す時点で、 これは、近点ではなく、除去されるべき頂点に関するものでなければならないそのためには、エンドポイント参照モード(EndpointまたはIntersectionなど)をアクティブにする必要があります。

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 エヴェポール
  3. 頂点を削除するポリラインを選択します。
  4. 削除するポリラインの頂点上の点を示します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


55 オブジェクト3DFACEの勝利者の座標のポイントをエクスポートするルーチン

Autolispで書かれたこのルーチンは前のものと似ていますが、違いは今回はAutoCADの3Dfaceオブジェクトの頂点の座標をエクスポートすることです。これらの座標はMicrosoft ExcelのCSVファイルに保存されています。

頂点のエクスポート あなたが3Dの顔を持つ三角測量をしている場合に役立ちます あなたは座標を取得したい 座標点ファイルを再作成する.

考慮事項 前のルーチンと同じです、同じ頂点で3Dfaceが結合されている場合は、 必要に応じて座標をソートし、重複しているものを削除する.

エクスポートされた座標には フォーマットP、N、E、C(Point、North = Y、East = X、Dimension = Z) カンマで区切られたCSVファイルにエクスポートされるので、ファイルを開くときには、各値が独立したセルを順番に占有します。

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 E3D
  3. 頂点の座標をエクスポートする3Dオブジェクトを選択します。
  4. エクスポートされた座標が生成されるCSVファイルの場所と名前を示します。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


56 外部のブロックまたは参照のエンティティをコピーするためのルーチンのリスト

エンティティをコピーする必要がある場合もありますが、ブロック内にいるときは、通常はそのブロックを悪用するか、ブロックエディタを使用してエンティティを個別に制御し、選択してコピーします。

このルーチンを使用すると、ブロックを悪用したり、ブロックエディタを使用してコピーする必要がなくなります その中の任意のエンティティこのルーチンをロードし、コピーするエンティティを選択するだけです。

選択肢から作成された新しいオブジェクト 元の上に表示されます、だから 必要に応じて それらを選択して希望の位置に移動する必要があります。

このルーチンでは、次のオプションを選択できます。 新しいオブジェクトを別のレイヤーで作成できることデフォルトでは、新しいエンティティが現在のレイヤーで作成されるため、これが選択されます。

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 CPL
  3. コピーするブロックの機能を選択します。
  4. 必要に応じて、新しいオブジェクトが生成されるレイヤーを変更することができます。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


57 リニアセグメントにおけるポリラインの構造を変えるルーティンリスト

このルーチンを使用すると、ポリラインに含まれるアークをリニアセグメントに変換できます。各セグメントの長さは、コマンドオプションで指定する長さになります。 リスプは、選択されたポリラインの頂点からアークジオメトリを含むデータを取得し、新しいデータで新しいポリラインを生成します。

弧の新しいセグメントの長さ 入力された値に依存します選択されたポリラインのより小さな弧の長さよりも小さくなければならず、 lispは元のアークを「n」個のセグメントに分割します 元の長さに達するまで

必要に応じて 元のポリラインを維持することができますこれにより、ポリラインがその上に作成されるか、削除されます。

このルーチンは、たとえば、水平または垂直のアライメントの軸上の曲線に沿ってポイントを定義する必要がある場合などに便利です。

ルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 アーティーゼ
  3. 曲線セグメントを線形セグメントに変換するポリラインを選択します。
  4. 新しい線形「円弧」を構成する各セグメントの長さを示します。
  5. 選択した元のポリラインで何を行うかを選択します。削除を選択した場合は、曲線分が線形セグメントに変換されたポリラインのみが表示されます。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


58 AUTOLISP ROUTINE軸に指定された距離に挿入ポイント

あなたが選択した軸(ポリライン)には、それぞれの距離でステッチに挿入することができ、このルーチンでは、これらの点のデータ挿入は、手の指の距離から来るか、ファイルの距離を読み込み(ファイルが提供されより良い理解のための一例)。

このルーチンは、例えば、 道路の軸の場合、ある場合には、例えばプログレッシブなもののような軸(ポリライン)内で正確なプログレッシブを見つける必要がある 23.76手動で行うことができますが(通常は値0付き)初期プログレッシブ軸ことを示す、ちょうど十分な軸を選択するには、もはやこのルーチンをとり、その後、距離を入力します。

軸を入力する代わりに軸を入力する距離が多い場合 lispはテキストファイルを選択するオプションを提供しますこのテキストファイルの中には距離があり、リスプはそれらを一つずつ読み込み、軸(ポリライン)上の点でそれらを挿入します。

リスプ また、軸の始点を変更することもできます 開始はポリラインを生成した開始点に従って決定されるため、lispが目的の終了点までの距離を配置し始めた場合は、次のオプションを使用します。軸の開始を変更する"

ルーチンに加えて、lispルーチンを実装するための例として、単一の軸(ポリライン)を持つCADファイルがあります。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 PP
  3. プログレッシブを挿入する方法を手動で選択するか(1×1)、テキストファイルを読むかを選択します。
  4. ポリラインシャフトの選択
  5. 軸からの累進距離または初期距離を入力します(デフォルトは0)。
  6. 検索するプログレッシブまたは距離を入力します(手操作の場合、ファイルの読み込みが選択されている場合はこれは不要です)

あなたはルーチンを得ることができます ここで


59 指定されたスペースに従って自動的にプロファイル内の座標を挿入するルーチンのリスト

AutoLispとVisualLispで作成されたこのルーチンを使用すると、選択したポリライン(自然または放牧地)の標高を「n」メートルごとにプロファイル形式で挿入できます。標高は、フォーマット。

このコマンドでは 図面の縮尺を定義することができますこのスケールは、プロファイルの縦軸が、挿入される寸法のテキストのスケール、1スケールのディメンションのテキストを参照していない:500は1スケールよりも大きく:50。

さらに プロファイルの縦軸を定義することができますそれは10回垂直でそのサイズがディメンション値も10倍の実際のサイズを持ってスケーリングプロファイル自然の地形でのディメンション値を制御しているため、この情報は重要であり、そのコマンドがなければなりません実際の寸法に値を変換するために対応する動作を実行します。

入力する別の値 このコマンドを定義するものは、寸法が挿入される距離ですこのルーチンがもたらすデフォルト値は10です。つまり、指定された参照点から水平方向に各10メートルが挿入されます。

あなたのプロフィール(TN、Rasanteなど)を表すポリラインを選択した後、 コマンドはプロファイルフォーマットで参照ポイントを指定するように指示します、あなたはこの点を プログレッシブ全体プロファイルは0 000 100 + + 000にある場合、例えば、(大きさの指示挿入距離としてそれぞれに記載)など、プログレッシブ0又は10又は20の点を示すべきです。

それを覚えている プログラムが対応する寸法を取得するには、プロファイルを正しく配置する必要がありますすなわち、寸法はプロファイルに対して正しい。

この表は、このルーチンのオプションをよりよく理解するのに役立ちます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります(デフォルト値は、添付のCADファイルの例に従います)

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 ICP。
  3. 寸法サイズの図面尺度を入力します。 850 (サイズが適切になるまで変更できます)
  4. プロファイルの縦軸を入力します。 1 (水平と同じ垂直スケール)
  5. プログレッシブ間の距離を入力します。 10
  6. デフォルトで小数点以下の桁数を入力します: 3
  7. 制限するプロファイルを選択します(TN、Rasanteなど)
  8. プロファイルの形式でランドマークを示します(グラフを見る)

あなたはルーチンを得ることができます ここで


60 指示された箇所で進行または長さを取得することを許可するルーチンのリスト

このルーチンはAutolispとVisual Lispで開発されており、ポリラインや軸の長さやプログレッシブを取得し、挿入ポイントを使って図面に挿入することができます。

これを行うには、ポリラインを選択してイニシャルがプログレッシブであることを示し、コマンドが正しいポリラインの開始点を取得したことを確認する必要があります(軸の開始)。そうでない場合は、このコマンドを表示します。

挿入されるテキストの高さなど、ソースコードからいくつかのデフォルトパラメータを変更することができます。
座標系は正でなければならないことに注意してください。そうでない場合は、取得すべきプログレッシブポイントまたは長さを示すことによってエラーが生成されます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 OPR
  3. 軸のポリラインを選択するか、文字「C「、軸の始点を変更するには
  4. デフォルトのポリラインの開始点の開始(または初期)値を入力します。0.00
  5. 長さまたはプログレッシブを取得する行のポイントを示します

あなたはルーチンを得ることができます ここで


61 選択したテキストを使用してさまざまな操作を実行するLISPルーチン(数値)

これは小さいですが非常に便利なlispルーチンであり、選択したテキストの操作に関する情報を取得できます。計算を実行できるように、これらのテキストには数値が必要です。たとえば、「2.22」、「3.39」(引用符なし)など。

すべての数値テキストの中でコマンド 非数字のテキストを見つける たとえば、「ドット」という単語は、このテキストを次のように解釈します 0.00値、その結果 変化するだろう.

このコマンドで提供される情報は次のとおりです。

  • カウント (選択された選択された数値要素の総数)
  • ニュメロ最大 (選択したすべての数値テキストの最大値)
  • ニュメロ最小 (選択したすべての数値テキストの最小値)
  • 平均 (選択したすべての数値テキストの平均)
  • 須磨 (選択したすべての数値テキストの合計)

結果だけを得るには 1つずつまたはウィンドウを使用して選択するだけで十分です 情報が必要なテキストを(ウィンドウに)表示します。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 IV
  3. 情報を取得するすべての数値テキストを選択します

あなたはルーチンを得ることができます ここで


62 すべてのレイアウトをその現在の構成で調べて印刷することをルーティンが表示します

このルーチンを使用すると、すべてのレイアウトをスクロールして現在のページ構成で印刷することができます。モデル空間のレイアウトは考慮されません。

このコマンドはレイアウトごとに実行され、モデル空間であることが確認された場合は他のものと引き続き無視されるので、モデル空間を印刷するには、これも考慮され、印刷される。

このコマンドの機能を利用して、たとえば、レターヘッドの挿入、各レイアウトのテキストの削除または追加などを行うことができます。このコマンドは、「創業の背景「、ダイアログボックスで指定されていない限り オプション タブで「プロットとパブリッシュ"

印刷するファイルがたくさんあり、それぞれに多数のレイアウトがある場合は、次のようにしてこのコマンドの機能を増やすことができます。

呼び出されたファイルを作成する Acad.lsp (まだ持っていない場合)、そのファイルに次のコード行を同じ場所に追加します。

(defun s :: startup()
(「ループスルーしてすべてのlayouts.LSPを印刷」をロードします);これは添付ファイルの名前です。
)

すでに指定されたファイルパスのLSPは、あなたがすることで、コードの行を置き換えることができることができない、([オプション]ダイアログボックスに示されている)ディレクトリサポートAutoCADで追加されていることを理解されているので、ルートが示されていません(ファイルのフルパスが示されたLSPをロードする)以下:

(defun s :: startup()
(「C:\\ CONSTRUCGEEK \\ TUSLISP \\ループスルーしてすべてのlayouts.LSPを印刷」をロードします)
)

このルーチンを通常(変更なし)使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 LPLOT
  3. すべての印刷ジョブが完了するまで待つ必要があります。

あなたはルーチンを得ることができます ここで


63  ビジュアルルーティンリストは、指定された文字数に応じて右または左にテキストを切り取る

このlispルーチンでは、選択したテキストをトリミングしたり、コマンドの内容に応じて左右または両側をトリムすることができます。

たとえば、最初のテキストがある場合 「0 + 580.00」 2文字を左にカットするようにコマンドに指示すると、コマンドはそれを "580.00".

3文字を右にカットするようにコマンドに指示すると、コマンドは最初のテキストを 「0 + 580」.

最後に、両側をトリミングするようにコマンドに指示すると、左に2文字、右に3文字が挿入され、最初のテキストは "580".

ご覧のとおり、切り取る文字数を指定してテキストを選択すると、指定されたとおりに切り取られます。

このルーチンを使用するには、以下を実行する必要があります。

  1. AutoCADでlispファイルを読み込みます。
  2. コマンドの名前を入力します。 RET
  3. テキストのどの辺が切り取られるかを示します。 [左/右/両方]
  4. 指定された面にカットする文字数を入力します。
  5. カットしたいテキストをすべて選択してください
  6. Enterキーを押すか、右クリックして置換えを実行します

あなたはルーチンを得ることができます ここで

ゴルジアルバレス

作家、研究者、土地管理モデルのスペシャリスト。 彼は、ホンジュラスの国家財産管理システムSINAP、ホンジュラスの共同自治体の管理モデル、地籍管理の統合モデル-ニカラグアのレジストリ、コロンビアのテリトリーSATの管理システムなどのモデルの概念化と実装に参加しています。 。 2007年からGeofumadasナレッジブログの編集者であり、GIS-CAD-BIM-デジタルツインのトピックに関する100以上のコースを含むAulaGEOAcademyの作成者。

関連記事

53のコメント

  1. LISPとしてTIが困難なEM BAIXAR向け。 私はESPANHOL EAÍTÊMDE PROCURAR VOSSA LISP EM ESPANHOLのサイトに所属しますが、NESSA PAGINA PROCUREM FIM DA PAGINA AS SETAS PARA PASSARÀ次のページATÉは見つかりません。 DEPOISÉSÓCLICAR NA VOSSA LISP、CLICK EM添付ファイルE税または該当。

  2. LISPとしてTIが困難なEM BAIXAR向け。 私はESPANHOL EAÍTÊMDE PROCURAR VOSSA LISP EM ESPANHOLのサイトに所属しますが、NESSA PAGINA PROCUREM FIM DA PAGINA AS SETAS PARA PASSARÀ次のページATÉは見つかりません。 DEPOISÉSÓCLICAR NA VOSSA LISP EクリックEM添付ファイルE税または該当。 私はTER AJUDADOを待ちます

  3. こんにちは、Autocadでプログラムを学習するためのコースやトレーニングがあるかどうかを知りたいです。 また、ポリラインのセットをカウントして識別するのに役立つアプリを作成する

  4. ボアノアテ.. 37をlispすることを知っているゴスタリア。 コンバータエンティティ3DFace em solid ACISはすべてのバージョンで動作しますが、自動CADは可能ですか。

  5. ありがとうございました さんのコメント:

    よろしくお願いします

  6. 私はあなたのlispをダウンロードしませんでした
    Lispを送ってください

  7. ルーチンはどこにありますか?

  8. こんにちは私はどのように私はポリラインの座標を抽出するためにそれらを取得することができますそしてポリラインイヤリングを取得するためにそれを取得したいのです

    感謝

  9. ハロー
    私はP&IDドラフトマンとして働いており、autocadプランにあるスマートブロックをExcelにエクスポートする方法を知りたいです。
    計画のとおりです。
    バルブ
    行番号
    計装
    備品
    その情報を抽出してExcelで表示したいのですが。 誰かが私を助けてくれるなら

  10. こんにちはすべて、
    Lispを実行して、Polylinieをx-beliebiger Stelle eine Stationierung(またはLängeder Polylinieをdieser Stelle)anzuzeigenとしてください。
    LG

  11. 確かに 私たちは、あなたが探しているその機能に関する電子メールをあなたに送るでしょう。

  12. 特定の半径の円が、それは別の場所に移動するように、次のレベル曲線を切断し、ソースからポリラインを生成しなければならない、すなわち勾配のためのLispを求めることは、道路を設計することで、不良です円をコピーして、ポリライン感謝を描きます

  13. そうではありません。 しかし、私はluspの日食に電子メールを送って、彼がそれをやることができるかどうかを教えてくれました

  14. ブロックにではなく、基本的な要素に属性を割り当てるルーチンがあり、画面上のダイアログボックスでその属性を視覚化することができます。

  15. ねえ。

    Lisp「座標ポイントをCSVファイルにエクスポート」をダウンロードするにはどうすればよいですか?

    感謝

  16. おやすみなさい
    あなたのサポートをしたい、私は私の唇はAUTOCAD(座標、辺、角度)TECHNICAL DATAテーブルのDRAWをロードしない問題を抱えています

  17. こんにちは皆、ここで私はより多くのlispを見つける

  18. みなさん、こんにちは

  19. リストは非常に良いです

  20. ホレアアアアアアアアアアアアアアアア

  21. 雹、ルーチンnominataのAREASX、可能性があります。

    Grazieは事前に

  22. こんにちは私はprogrsivasを整列させるルーチンにアクセスしたいと思います。

    ありがとう

  23. 私は、彼らが修正および/またはそれを改善し、私はlispのルーチンを送信するときに、あなたがそれらに答えたりすることを示唆している郵送することを願って、彼らにそれが働いていた場合、新しいバージョンと古いバージョンでは動作しませんlispのルーチンを送りたいと思います。

  24. 非常に良いすべてで、私は関係なく、AutoCADで生成された円弧をAutoCADのMIDAS GEN 2015をエクスポートしないようにルーチンarcos_de_una_polilinea_en_segmentos_lineales.fasを必要と私はセグメントにそれらを打破します。 ありがとうございます。 私はキューバから来たんです

  25. Souportuguêsegostava、sepossível、de ter arotina「テキストの内容を指定されたポイントのコタで置き換えるルーチン」。

    ありがとう

  26. エリアの地形があり、ポイントをテキストとして入力するcsvまたはtxtにエクスポートする必要があるため、lispルーチン「座標ポイントをCSVファイルにエクスポート」をダウンロードできる場所を教えてください(コンテンツは標高です) )そして座標でZはゼロになりますね?
    私を助けてくれますか

  27. 記事にダウンロードリンクが見つからないので、「選択したポリラインから内部または外部オブジェクトを削除する」機能を備えたLispが欲しいのですが。

  28. ウォルター・マヌエル・ギロン・アークルク さんのコメント:

    興味深いことにROUTTINES。

  29. こんにちは、オブジェクトの数を取得してテキストに配置するルーチンがあるかどうかを知りたいのですが

  30. 親愛なる、私はいくつかのルーチンを取得しようとすると、この警告が出てくる:

    見つかりません

    リクエストされたURL / forum / Routine-lisp-to-subtract-values-to-text-selectedは、このサーバー上に見つかりませんでした。

    要求を処理するためにErrorDocumentを年を使用しようとしているときにさらに、404 Not Foundエラーが発生しました。

    何が間違っていますか、1000王様ありがとう

  31. こんにちは、誰もが誰もが知っている場合は、電子AMIを送ることができれば、ドロー多角形、長さや角度を知るtopo12ルーチンを可能にするいくつかのlispのを知っている場合 juanpaulo_100@htomail.com本当にありがとう、私の友達。

  32. 良いデータグラクス…。 :p

  33. ルイス・オーランド・ママニ さんのコメント:

    良い日、私は彼らが座標の設計と高速道路の設計にテーブルを生成する必要があった場合、オートキャド2014のルーチンを知りたい

    感謝

    よろしく

  34. エンジニアリングプロジェクトの開発に非常に役立ちます

  35. こんにちは
    私はポリラインの任意のポイントをマークするために、Incio 100とDMエンド1000のDMは元のポリラインを持っている場合、私は意味そのキロでポリラインを狭くする舌足らずで役立つpeudenすみません、私は私にあなたのDMを投げると規定のまま。

    今や最初と最後のdmはプロジェクトごとに常に異なるでしょう

    あなたが私を助けてくれないなら、私は頻繁にそれを使用するので、それは道路プロジェクトで非常に便利だろうので、私はそれを感謝します。

    よろしく

  36. 誰かが、arbitriasで行わ調査は二つの点座標からリンクする舌足らずで私を助けることができるし、元の北座標が配置され、東と私がやったように、標高は彼らに2つの出発点を同じarbitariasを残す挨拶Alingでなく、寸法が変更されました

  37. こんにちは、このページで見ることができます:
    http://acad.fleming-group.com/index.html
    それはあなたのデータベースからアクセスして、その中で何かを行う方法を説明しています。それは、一連のlspルーチンとそれらを使用する方法を説明するpdfをもたらします。
    ご挨拶、ローラ。

  38. 一日良い、私は誰もが少しルーチンを知っているかどうか疑問やDBFのデータベースを作成し、そこにデータを追加する小さなルーチンのいずれかの簡単な例を持っているかのAutoLISPから削除します。
    彼らが私を助けることを願っています
    感謝

  39. こんにちは友人私はポリゴンとその距離の角度(外部を希望する)を測定するルーチンを知っている人がいるかどうかを知りたいと思っています。

  40. .dwg図面がロードされ、記録されるときに実行される.lspルーチンをどのように記述しますか?
    感謝

  41. 私はlispを知っている人が私を救うかどうかを知る助けが必要です。

    私は私が唯一の走行距離は、オフセット、表示される必要があり、対応するディメンション、市民3dからすべての断面生成されたテキストファイルをエクスポートします。
    そのようなもの

    Km、軸への距離、寸法

    それだけ。 誰か助けてくれますか? 私はプログラミングについて何も知らないので、私は助けを求める。

  42. 私が理解したかどうかを見てみましょう。
    あなたはあなたのリスプでExcelに座標をエクスポートすると言う
    離れて彼を置いたことがありますか? 私はそれを理解していない、私はそれがAutoCADのディメンションや関数のLispの中にいると思いますか?

    しかし、あなたがすでにExcelで座標を持っているなら、ポイントと次のポイントの間にpythagorasという数式を持つ次の列を作ってみませんか?
    ((y2座標-y2座標)二乗+(x2座標-x1座標)二乗)の平方根

  43. おはようこんにちは、私はLISPで私を助けたいと思います。 私は、サンプリングEVERY POINT ROUGH WITH LISP EXPORTAは、Excelに座標を含むが、今、各点と点の間の計画を持って、お客様との距離をPUT、今私が入力されないために、Excel TO POINTのYPUNTO間のMEASUREを過ごしたい、EXPLAIN 400PUNTOS距離とTHERE ANY WAY? 最速WITHずっと私とSO AVANZO WORKを行ってください。

    事前に感謝

  44. こんにちは、オートキャドプレーンを別の参照システム(例えばwgs84からpsad56)に変換するルーチンがあるかどうかを知りたいのですが

  45. http://www.hispacad.com/foro/viewtopic.php?p=165851#165851

    ルーチンは、Excel、各種ユーティリティ、ブロックライブラリtravez longitudianlesプロファイル、横、インポートおよびエクスポートのポイントを描く添付します。

    マニュアルフォルダ内には、インストールのヘルプがあります。
    キーフォルダの中には、起動のためのファイルがあります。
    マニュアルフォルダ内には、コマンドのヘルプファイルがあります。

    注意:圧縮の理由から、更新されたマニュアルは削除されており、付属のヘルプマニュアルでいくつかのイメージが削除されています。
    更新されたマニュアルは、
    vhcad@hotmail.com
    アプリケーションがそれらに有用である場合、またはコマンドの動作をそれ自身で分析することができます。

  46. peditコマンドを使用する
    頂点を挿入するオプションがあります

  47. どのようにポリラインに頂点を挿入できますか?
    感謝

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.

先頭へ戻るボタンに