追加
ArcGISの-ESRI地籍AulaGEOコースCAD / GISを教えます

ArcGISProコース-基本

ArcGIS Pro Easyを学ぶ -このEsriソフトウェアの使用方法を学びたいGIS愛好家、または実用的な方法で知識を更新したい以前のバージョンのユーザー向けに設計されたコースです。 ArcGIS Proは、最も人気のある商用GISソフトウェアの新しいバージョンであり、ArcMap10xで終わります。

コースは、そのAulaGEO方法論に基づいて、ゴルジアルバレスによって設計されています。

  • すべて同じ領土環境に
  • 専門家によって行われたタスクは、大声で説明し、
  • 人生にアクセスしながら、自分のペースでコースを受講してください。
  • 必要なときに質問するオプション
  • ダウンロード可能な資料とデータ
  • モバイル機器からのアクセス
  • スペイン語と英語で。

このコースは6つのセクションで構成されています。 最初のXNUMXつでは、国レベルでデータを処理し、同じデータに対してルーチンを実行する方法を段階的に学習します。 セクションXNUMXでは、XNUMX番目のモデルに取り組み、AutoCAD / Excelからデータをインポートすることから、外部のリンクされたテーブルに基づいて複雑な式やテーマを作成することまで、プロパティの演習を徐々に実行します。

スペイン語コースにアクセスする

英語でコースにアクセスする

下記はコース内容の要約です。

1セクション ArcGIS Proの基本

ArcGIS Proから始めましょう。  このクラスでは、プログラムの新しいインターフェイスが導入され、左側のパネルにコンテンツ管理が、右側のパネルにデータカタログが表示されます。 これは、世界中の空港からのデータを使用して演習を行い、それらに関するデータを参照して、上部のリボンとツールに慣れようとすることによって行われます。

データ選択  このクラスでは、キーボードでの選択と、表形式および空間属性の両方に基づいて、オブジェクトを選択するさまざまな方法を学習します。 今後、すべての作業は国レベルの単一の地域で実行されます。

ゾーンマーキング(ブックマーク)。 ここでは、実用的な方法でナビゲートできるように、クイック選択ゾーンを確立することとして定義されています。 この演習は、衛星画像サービス(世界の画像)を使用して行われ、関心のある領域(ブックマーク)を作成、スクロール、ズーム、編集、または削除する方法を示しています。

セクション2.空間データの作成と編集。

Excelからデータを追加する。 これには、Excel座標テーブルから空間データを挿入する方法のステップバイステップが含まれます。 この場合、地理的座標が使用されます。 後の演習では、常にExcelUTM座標を挿入します。 もちろん、この演習や他の演習では、クラスを複製できるようにファイルが含まれています。

データシンボル このクラスには、テーブルの基準に基づいた主題記号の適用が含まれます。 国レベルの地域がこれに使用されます。これは、この演習全体で同じです(マダガスカル)。

属性データの編集  ここでは、同じ領域で、英数字データの編集、列の変更および追加、投影システムに基づく表への面積計算および格納など、選択された側面について説明します。

属性のラベル付け  ここでは、オブジェクトの表形式のデータを取得して、属性(ラベル)として表示する方法について説明します。 ポリゴン、ライン、ポイントに対してそれを行う方法が説明されています。 ラベルの向きに関連する側面と同様に。

地理情報のデジタル化  空間データを編集するためのツールについて説明します。

画像のジオリファレンス  ここでは、画像上の既知の点を使用して、空間参照に基づいて地理参照が行われます。

3セクション データ解析

影響分析 - バッファー。  空間データを選択する方法について説明し、これに影響領域のジオプロセシングを適用して、配置の種類、終了の種類を選択します。

4セクション ArcGIS Proでコンテンツを公開する

マップの生成 ここでは、印刷用のボックスを作成する方法を説明し、グラフィックスケール、主題記号、北記号などの要素をマップに追加する方法を説明します。 また、一般的に使用されるプログラムで印刷または表示するために、マップを他の形式(pdf、png、jpg、epsなど)にエクスポートする方法についても説明します。

6セクション やってみよう - ステップバイステップの練習

このセクションでは、XNUMX番目の小さな作業領域で、プロパティの問題に関する一般的なタスクに適用される演習が実行されます。 彼らはその地域を覚えています 画像からデジタルモデルへ、Regard3D、AutoDesk Recapを使用し、そのポイントクラウドをCivil3Dに送信します。 さて、以下の演習は、ArcGIS Proを使用してこの同じ領域で実行され、より多くの説明ビデオがあります。 すべての演習には、入力データ、演習に必要なファイル、およびチェック用の出力結果が含まれています。

ArcMapからArcGIS Proへの変更の影響。 このクラスでは、ArcGIS Proとそのインターフェイスのツアーが行われ、ArcMapと比較したこのバージョンの主な変更点、利点、および影響について説明します。 上部ヘッドバンドの各セクションについて説明します。ここでは、ArcGISProの再設計における主な機能とその可能性について説明します。

E1 jercicio AutoCADマップからGISにプロパティをインポートする。 AutoCAD / Microstationからdwgファイルを取得し、ArcGISProからインポートしてみます。 バージョンがサポートされていない場合の対処方法を説明します。 レイヤーごとのオブジェクトの分離などの側面を説明し、その通りの軸などの不要なオブジェクトを排除し、フィーチャクラスへの変換、ポリゴンである必要があるがラインとして表示されたオブジェクトの変換を行います。建物のポリゴン、川の主軸、家、ラグーンの場合にXNUMXつでなければならない線のグループ。 とりわけ、これらのCADオブジェクトがどのようにGISレイヤーになるか。

運動2。 UTM形式のGPSポイントからサイトを解体する。 AutoCADからインポートされた作業では、UTM形式のGPSで取得された一連の座標が、プロパティの分解を実行するために持ち込まれます。 この演習には、投影された座標をXY形式でインポートし、それらにWGS84投影、ゾーンを割り当ててから、マップ上の頂点に変換するタスクが含まれています。 これらには、サブプロットを作成するオプション、解体をデジタル化するスナップコントロール、平方メートル単位で周囲と面積を計算するオプション、およびヘクタールなどの別の列に変換と保存するオプションが適用されます。

運動3。 複雑な計算フィールドの構成。 この演習はユニークです。 プロパティの開発を続けながら、P-coordinateX、coordinateY、dash、numberの形式のセントロイドに基づくcadastralキーなど、より複雑なリンケージを作成する方法について説明します。

運動4。 バッファー分析。 敷地を横切る川では、本川の軸から15メートル、支流の7.5メートルのバッファーを使用して、影響範囲の計算が実行されます。 さらに、影響範囲の単一のポリゴンを持つために溶解を行う方法が示されています。

運動5。 属性のラベル付け ここで、プロパティを使用した作業の続きとして、テーブルのさまざまな列からのさまざまなデータをラベルの形式でチェーンする式を作成する方法について説明します。 この場合、以前に作成したcadastralキー、および値の前にA =を追加する領域。 さらに、川の軸の名前の場合、ラベルを回転させる方法と、特殊効果を適用してテキストのスタイルをカスタマイズする方法についても説明します。

運動6。 属性によるテーマ化 コースのこのパートでは、表形式のデータに基づいて、ArcGIS Proの基準と機能を使用してプロパティをテーマ化する方法を説明します。プロパティの所有者がいる場所にExcelテーブルがリンクされ、プロパティが検索されます。たとえば、所有者の名前が「Juan」で、IDカードがなく、基準に基づいてテーマ化されているなど、特別な条件があること。

運動7。 デジタル化の秘訣  このクラスは、空間データの作成と編集の側面に焦点を当てています。 ラグーンからプロパティに穴を開ける方法、自動補完を使用してチャネルポリゴンを埋める方法、トレースツールを使用して川に沿って描画する方法などのデジタル化のトリックについて説明します。

運動8。 画像のジオリファレンス ここでは、UTM座標がわかっている画像を使用して、ジオリファレンスを実行します。 前のセクションの演習とは異なり、チューニングは頂点X、Yとして描画されたこれらの座標に基づいて行われます。他のArcGIS Proコースがある可能性がありますが、おそらくこのようなものはありません。

コースを取得すると、いつでもアクセスして自分のペースで好きなだけ受講できます。

スペイン語

英語で

ゴルジアルバレス

作家、研究者、土地管理モデルのスペシャリスト。 彼は、ホンジュラスの国家財産管理システムSINAP、ホンジュラスの共同自治体の管理モデル、地籍管理の統合モデル-ニカラグアのレジストリ、コロンビアのテリトリーSATの管理システムなどのモデルの概念化と実装に参加しています。 。 2007年からGeofumadasナレッジブログの編集者であり、GIS-CAD-BIM-デジタルツインのトピックに関する100以上のコースを含むAulaGEOAcademyの作成者。

関連記事

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.

先頭へ戻るボタンに