ArcGIS Proをダウンロードしてインストールする

ダウンロードとアクセス

考慮事項

ArcGIS Proアプリケーションのインストールを実行するには、以下に示すいくつかの指示を考慮する必要があります。

  1. 電子メール:ArcGIS Proに関連付けられたアカウントを作成するには、すべての情報が送信されて製品がアクティブ化されるため、電子メールがアクティブになっている必要があります。
  2. すでにArcGIS Onlineアカウントを持っているユーザーは、まったく異なるアカウントであるため、同じ資格情報を使用してArcGIS Proを実行することはできません。 ただし、ArcGIS Onlineで使用されたものと同じ電子メールを使用してArcGIS Proでアカウントを開くと、これらのアカウントが自動的に関連付けられ、Web上のデスクトップアプリケーションから作成されたすべての商品が表示されます。
  3. 資格情報:主要なユーザー名を作成するときに、デスクトップアプリケーションにアクセスできるようにするために、それらを手元に保持する必要があります。

ダウンロード、インストール、およびArcGIS Proへのアクセス。

上記の考慮事項を考慮した後、ArcGIS Proのダウンロード、インストール、およびアクセスのプロセスを続行しますこの例では、ArcGIS Onlineを使用するためのMy Esriアカウントも作成されます。

  1. ブラウザでWebページを見つけます。 ArcGIS Pro無料試用オプションをクリックします。

2 データが配置されているフォームを見つけることができる新しいタブが開きます。 指定されたEメールがアカウント作成の通知を受け取るので、これらのデータは重要です。

3 その後、メールがチェックされ、アクティベーションメッセージが届いたかどうかが確認されます。アクティベーションリンクをクリックすると表示されるページで、ArcGIS Proアカウントを持つユーザー名に配置されます。そしてあなたのパスワード。 。:user:abc123_ab / password:xxxxx

4 次に、組織のパラメータを設定するためのページが開き、必要なデータがフォームに配置されてアクティブ化されます。

5 続行するには、すでに作成されている組織のページが開きます。ここには、組織自体によって生成されたすべてのデータが格納されます。 同様に、アカウントを作成して取得したクレジットも表示されます。

6 アプリケーションの使用を有効にするには、ライセンスが管理されているセクションを見つけて、新しいタブを開き、そこに後で使用するためにライセンスを1つずつ割り当てます。

7 ライセンスの割り当てが終了すると、ユーザーメニューにそのライセンスが入力され、My Esriオプションが表示されます。 この時点で配置されているユーザーとパスワードはArcGIS Proの認証情報に対応していないため、この手順では非常に注意する必要があります。

8. 開始するには、[新しいパブリックアカウントを作成する]をクリックしてフォームにデータを入力します。 ユーザー名は、以前にArcGIS Pro用に作成したものと一致させることはできません。新しいユーザー名にする必要があります。 。:user:abc123_ab123 / password:xxxxx

9 前の手順の後、My EsriアカウントにアクティベーションEメールが届いているかどうかを確認します。

10 対応するデータがフォームに配置されます。このアクティブ化により、Esri Webツールを使用するための1200を追加するための別の量の認証情報が取得されます。

11 最後に、あなたは組織のページに戻り、ユーザーメニューには、オプション "試用版のダウンロード"があります、あなたはアプリケーションをダウンロードすることができる新しいタブが開かれます。

12 ダウンロードされたアプリケーションを入手した後、それは他のプログラムのように非常に簡単に、コンピュータにインストールするために実行されます。

13 インストールの最後にアプリケーションが開かれ、ログイン資格情報が要求され、最初に作成されたユーザーが配置されます。 (ユーザー:abc123_ab /パスワード:xxxxx)

ステップが正しく実行されれば、プログラムのインストールは成功し、それらはこのアプリケーションであらゆる種類のプロセスを実行することができるでしょう。

これはこのプロセスを説明するビデオです。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.