AutoCADのコース2013無料コース

6.6地域

 

私たちがAutocadで作成できる別のタイプの複合オブジェクトがあります。 それは地域についてです。 領域は、形状のために、重心などの物理的特性が計算される閉領域であるため、ポリラインやその他のオブジェクトの代わりにこのタイプのオブジェクトを使用すると便利な場合もあります。

例えば、閉じたポリラインから領域オブジェクトを作成することができます。 ただし、ポリライン、線、ポリゴン、さらにはスプラインの組み合わせからも、同じ方法で閉じた領域を形成する限り、それらを作成することができます。 この汎用性によって、ブール演算を使用して領域オブジェクトを作成することもできます。つまり、領域の追加または減算、またはこれらの交点からの作成が可能です。 しかし、このプロセスを部分的に見てみましょう。

領域は、閉じた領域を形成する既に描画されたオブジェクトから常に作成されます。 2つの例を見てみましょう。ポリラインの1つと、領域を明確に区切る単純なオブジェクトの1つです。

領域の物理特性のクエリについては、26の章で説明します。一方、「CONTOUR」コマンドを使用して閉じた領域から領域を作成することもできますが、このコマンドはポリラインも作成できます。 どちらか一方の違いを見てみましょう。

「UNION」コマンドを使用して、新しい領域に2つの領域を追加することもできます。 繰り返しますが、領域は最初にポリラインまたは他の閉じたフォームから開始できます。

逆ブール演算も有効です。つまり、ある領域に対して別の領域を減算し、結果として新しい領域を取得します。 これは「DIFFERENCE」コマンドで実現されます。

3番目のブール演算は、領域を交差させて新しい領域を取得することです。 コマンドは「INTERSEC」です。

ゴルジアルバレス

作家、研究者、土地管理モデルのスペシャリスト。 彼は、ホンジュラスの国家財産管理システムSINAP、ホンジュラスの共同自治体の管理モデル、地籍管理の統合モデル-ニカラグアのレジストリ、コロンビアのテリトリーSATの管理システムなどのモデルの概念化と実装に参加しています。 。 2007年からGeofumadasナレッジブログの編集者であり、GIS-CAD-BIM-デジタルツインのトピックに関する100以上のコースを含むAulaGEOAcademyの作成者。

関連記事

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

先頭へ戻るボタンに