追加

無料コース

  • autocadのロゴ

    無料のAutoCADコース-オンライン

    これは、無料のオンラインAutoCADコースの内容です。 これは8つの連続したセクションで構成されており、その中には400を超えるビデオとAutoCADの動作の説明があります。 最初のセクション:基本概念第1章:Autocadとは何ですか? 章…

    続きを読む»
  • 12.1幾何学的制約

      先ほど述べたように、幾何学的制約は、他のオブジェクトに対するオブジェクトの幾何学的配置と関係を確立します。 それぞれを見てみましょう:12.1.1一致この制限により、XNUMX番目に選択されたオブジェクトがそのポイントのいくつかで一致するように強制されます。

    続きを読む»
  • 章12:パラメータ制限

      たとえば、オブジェクトスナップエンドポイントまたは中心を使用する場合、実際に行っているのは、新しいオブジェクトに、既に描画されている別のオブジェクトとそのジオメトリのポイントを共有するように強制することです。 参照を使用する場合...

    続きを読む»
  • 章11:極軌道追跡

      「パラメータの描画」ダイアログボックスに戻りましょう。 「PolarTracking」タブでは、同じ名前の機能を設定できます。 オブジェクトスナップトラッキングと同様に、極トラッキングは点線を生成しますが、カーソルが交差した場合に限ります…

    続きを読む»
  • CHAPTER 10:オブジェクトへの参照のトラッキング

      「オブジェクトスナップトラッキング」は、描画用の「オブジェクトスナップ」機能の貴重な拡張機能です。 その機能は、既存の「オブジェクトスナップ」から派生して信号を送ることができる一時的なベクトル線をレイアウトすることです…

    続きを読む»
  • 9.1 .Xポイントとフィルタ.AND

      「From」、「Midpoint between 2 points」、「Extension」などのオブジェクトへの参照により、Autocadが既存のオブジェクトのジオメトリと正確に一致しないが、そこから派生できるポイントをどのように示すことができるかを理解できます。

    続きを読む»
  • CHAPTER 9:オブジェクトスナップ

      さまざまなオブジェクトを正確に描画するためのいくつかの手法をすでに確認しましたが、実際には、描画がより複雑になるにつれて、新しいオブジェクトが通常作成され、常に描画済みのものに関連して配置されます。 つまり…

    続きを読む»
  • 8.5表

      これまで見てきたことから、線を「引っ張る」こととXNUMXつの線からテキストオブジェクトを作成することは、Autocadですばやく簡単に実行できるタスクであることがわかります。 実際、テーブルを作成するために必要なのはそれだけです…

    続きを読む»
  • 8.4複数行テキスト

      多くの場合、図面にはXNUMXつまたはXNUMXつの説明的な単語しか必要ありません。 ただし、場合によっては、必要な注記がXNUMX段落以上になることもあります。 したがって、XNUMX行のテキストを使用することは絶対に...

    続きを読む»
  • 8.3テキストスタイル

      テキストスタイルは、特定の名前でのさまざまな活版印刷機能の定義にすぎません。 Autocadでは、図面に必要なすべてのスタイルを作成してから、各テキストオブジェクトをスタイルに関連付けることができます...

    続きを読む»
  • 8.2テキストオブジェクトの編集

      第16章以降では、図面オブジェクトの編集に関連するトピックについて説明します。 ただし、ここで、作成したテキストオブジェクトを編集するために使用できるツールを確認する必要があります…

    続きを読む»
  • テキスト中の8.1.1フィールド

      テキストオブジェクトには、図面に依存する値を含めることができます。 この機能は「テキストフィールド」と呼ばれ、表示されるデータがオブジェクトまたはパラメータの特性に依存するという利点があります。

    続きを読む»
  • 行内の8.1テキスト

      多くの場合、描画注釈はXNUMXつまたはXNUMXつの単語で構成されます。 たとえば、「キッチン」や「北のファサード」などの建築計画でよく見られます。 このような状況では、XNUMX行のテキストは簡単です...

    続きを読む»
  • 章8:テキスト

      常に、すべての建築、工学、または機械の図面では、テキストを追加する必要があります。 たとえば、都市計画の場合、通りの名前を追加する必要がある場合があります。 機械部品の図面は通常…

    続きを読む»
  • 7.4の透明性

      前の場合と同様に、同じ手順を使用してオブジェクトの透明度を設定します。オブジェクトを選択してから、「プロパティ」グループに対応する値を設定します。 ただし、ここで、透明性の価値は…ではないことに注意してください。

    続きを読む»
  • 7.3線の太さ

      線の太さは、オブジェクトの線の幅です。 そして、前の場合と同様に、オブジェクトの線の太さを変更するには、[プロパティ]グループのドロップダウンリストを使用します…

    続きを読む»
  • 7.2.1ラインアルファベット

      さて、それは基準なしでオブジェクトに異なる線種を適用することではありません。 実際、「タイプマネージャ…」の線種名と説明からわかるように

    続きを読む»
  • 7.2の種類

      オブジェクトの線種は、オブジェクトが選択されているときに、[ホーム]タブの[プロパティ]グループの対応するドロップダウンリストから選択して変更することもできます。 ただし、Autocadの初期設定は新しい図面のみです…

    続きを読む»
先頭へ戻るボタンに