CivilCADでプロットのテクニカルメモリを生成する

非常に少数のプログラムは、少なくとも作るシンプルで、これを行います CivilCAD

civill cadレポート小包

私たちが通常期待するのは、方向と距離、境界、および使用法の表を含む、ブロックごとの区画のレポートです。 それを行う方法を見てみましょう CivilCADAutoCADを使用していますが、安価でAutoDeskの同じロジックで動作するBricscadでも動作します。

これから紹介するルーチンは、[レポート]メニューから使用されます。この演習の目的で切り取ったのは、バーの下部にあります。 基本的に、次のXNUMXつの重要な側面が可能です。オブジェクトを定義し、定義したらオブジェクトを見つけて、レポートを生成します。 オブジェクトに関しては、ポイント、境界、ロット、ブロックを操作できます(ただし、後者はグラフィカルには存在しませんが、プロパティの属性であり、それらの拡張はこれらの合計です)

civill cadレポート小包

1.外部境界を示します

このために、メニューが使用されます:  CivilCAD>レポート>表示>隣接

civill cadレポート小包次に、メインストリートに隣接するブロックの境界に触れてから、Enterキーを押して境界線を書き込みます。 処理された信号は、色が変わり、CVL_COLINDと呼ばれるレイヤーに渡されることです。 MicrostationGeographicsが行ったことと非常によく似ています 属性を割り当てるときただし、データベースはありません。

例の場合、他の通りに隣接する境界線でも同じことを行います。

  • 11通り
  • AVENUE REMEMBER
  • カールジョンロペス

これは、その境界の名前に関連付けられたオブジェクトへの属性を作成することです。

隣接を見るために、それが行われます: CivilCAD>検索>隣接。 境界を作成すると、Bentley Mapがジオロケートを使用する場合と同様に、マップの表示はその境界の全長に焦点を合わせます。 これらのルーチンのそれぞれにテキストコマンドがあります。このコマンドの場合は-LOCCOLです。

 

2.プロットとブロックを示します

プロットが何であるかを示すには、次のようにします。 CivilCAD>レポート>表示>ロット化

civill cadレポート小包ロットにラベルを付けるための基準を選択するパネルが表示されます。プロパティの番号、ブロック、または使用法を書き留める場合は、テキストのサイズです。 これは自己生成プロセスであるため、初期番号を定義する必要があります。

処理中の信号は、CVL_LOTIFレイヤーにある閉じたポリゴンが作成されることです。

このプロセスには、01、02、03などの数字を配置できないというわずかな制限がありますが、1、2、3として配置されるため、CadastreマニュアルでXNUMX桁の数字を使用する必要がある場合は、編集する必要があります。

しかし、一般的にコマンドは素晴らしいです。境界を生成する必要はありません。lispはBPOLYコマンドを使用して境界を作成します。明らかに、AutoCADのこのコマンドは表示領域全体をスキャンするため、時間がかかりすぎないようにズームインする必要があります。また、非常に大きなディスプレイでは時間がかかる場合があります。 また、CADからの作業では簡単なトポロジではない丸い角やスプラインがある場合にも、問題が発生します。

civill cadレポート小包

このプロセスでは地図に トポロジカルクリーニングそうでない場合は、間違った領域が生成されます。 プロパティのラベルが間違っている場合、順序が間違っている場合、またはプロパティに変更を加えた場合、属性がシェイプになっているため、ポリゴンのみが削除されて再構築されます。 各形状は、その範囲、プロパティ番号、ブロック、および使用に関連付けられています。

3.ポイントを示してください

サブディビジョンのノードを生成するシステムでは、次のことが行われます。  CivilCAD>レポート>表示>ポイント

表示されるパネルは、ポイントを個別に生成するか、ブロックごとに生成するかを尋ねます。 ポイントの形式、テキストサイズ、およびそれが始まる番号を選択することもできます。

civill cadレポート小包

ただ、素晴らしい、我々はAppleが点を生成することを求めますし、システムが境界上のすべてのノードをスキャンするプロセスは、交差する彼らにポイントを作る、ボールジョイント、それになどの空間的な関連性を持つ属性を作る生成します次のオプションで再度見つけることができます: CivilCAD>レポート>検索>ポイント.

生成されたポイントはすべてCVL_PUNTOレイヤに保存され、CVL_PUNTO_NUMの注釈

同様に、リンゴやくじを見つけることもできますが、実際には、数字を繰り返してもそれほど単純ではありません。 それは、死体の命名システムに依存し、多くは異なる象限マップでブロックの繰り返しを許可し、明らかにプロパティ番号はブロックごとに繰り返されます。

3.技術的または説明的なレポートを生成します。

これが最高です。 CivilCADは、次のようなさまざまなレポートを生成できます。

  • エリアの概要:これは最初にブロックを要約し、各プロパティの各用途に専用の領域を示し、次に各ブロックの用途の要約の下に、最後に選択したすべてのブロックまたは関連するマップ全体の用途の要約を示します。
  • レポートポイント:これにより、ポイント番号、X座標、Y座標、および標高のXNUMXつの列を含むリストが生成されます。

の場合 仕様。 そのブロックをリクエストすると、マップの名前、日付を示すレポートが生成され、次の図に示すように、計算された面積、用途、境界とともにロットがXNUMXつずつ説明されます。 システムが共通の境界分析を実行することを確認してください。これにより、ロットが外側に隣接している人、ブロック境界から取得したデータだけでなく、ブロックの内側に隣接している人も計算されます。

civill cadレポート小包

タイプレポートを生成したい場合 技術レポート、テーブルには、各ロットについて、境界ステーション、方位、距離、および頂点の座標が含まれています。 また、面積、用途、これは、示されたブロックのプロパティごとに繰り返されます。

civill cadレポート小包

AutoCADがメモリを管理する方法は、メモリが壊れたときに致命的なエラーを生成する可能性があるため、多数のプロパティがあると大量のレポートを実行することはお勧めできませんが、両方を組み合わせた別のレポートがあります。

結論として、CADプログラムにとって悪くはありません。 これは、都市化または死体管理の設計における一般的なルーチンを解決します。

6「CivilCADで小包の技術的記憶を生成する」への返信

  1. 説明的な思い出をつくる方法と民間人が作成した地域の要約は、オートキャドのテ​​ーブルに描かれ、Wordにはエクスポートされません。

  2. こんにちは、私はDescmasterプログラムを持っています

  3. James Linaresと、このDescmasterプログラムを入手したところ、インターネットで見るためのマニュアルしか見つかりませんでした。 しかし、プログラムはありません。それを入手する方法についての情報を教えていただければ、とても感謝しています。
    私はペルー出身の漫画家です。

  4. 彼らはDescmasterを試してみてください。DescmasterはWritingの作成に使用される技術的説明を実行するのに十分です。
    このプログラムはエルサルバドルのエンジェル・ハイメ・ラミレス氏

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.