追加
地理空間 - GISMicroStationの-ベントレー

Microstation Geographicsによる位相解析

ケースを見てみましょう、私は高電圧線の影響を受けている土地台帳にいくつかのプロットがありますが、これらのプロットがどれであるかを知り、異なる色でペイントして別のファイルに保存します。

1 レイヤー構築

位相解析マイクロステーション レイヤーは、表示されているものから作成できます。これは、参照マップまたは開いているファイルにあります。 属性が割り当てられたオブジェクトがある場合は、プロジェクトを開く必要はありません。

この場合、開いているプロジェクトがあり、パイプラインの軸によってどのプロパティが影響を受けるかを分析したい地籍図を表示します。

トポロジー分析は、「ユーティリティ/トポロジー分析」でアクティブ化されます。 このパネルには、レイヤーを作成、削除、展開、追加するための代替手段が表示されます。

この場合、パーセルレイヤを作成するには、

  • それらが保存されているレベル(またはそれらが持っている属性)をアクティブにします。
  • レイヤー(エリア)のタイプを選択しますが、ラインまたはポイントにすることができます
  • 次に、名前を選択します。 この場合、「Urb1-15」と呼ばれます
  • 以下で、線種、塗りつぶしの色、境界線を選択します。 また、クエリビルダーまたは保存されたものを使用してクエリ(クエリ)に基づいて作成することもできます。

次に、「作成」ボタンを適用すると、すぐにレイヤーが上に作成され、「表示」ボタンで表示できます。 現時点では、このレイヤーはメモリにのみ保存されていますが、プロジェクトを開いていなくても、いつでも呼び出すことができる.tlrファイルとして保存できます。

マップに追加する場合は、[追加]ボタンを使用します。これにより、選択したレベルに移動し、色または塗りつぶしが表示されます。

位相解析マイクロステーション

同じ方法で、それぞれのレベルを選択するレイヤー「ハイライン」を作成します。 だから私はすでにXNUMXつの層を持っています、私が今欲しいのはそのバスウェイ軸によって影響を受ける区画を分析することです。

位相解析マイクロステーション

2 レイヤー分析

位相解析マイクロステーション 「オーバーレイ/ラインからエリア」を選択して分析を行い、分析するラインとエリアレイヤーを選択します。 他の場合は、「エリアからエリア」または「エリアからポイント」も同じです。

その下に、結果としてどのレイヤーを維持するかを選択する代替案を示し、プロット(エリア)を選択します。

また、分析モードを選択することもできます。「オーバーラップ」は、内部、外部、マッチングなどの他の形式がありますが、最適なものです。

右側に、結果のレイヤーの名前と、データベースへのリンクが送信パーセルに保持される代替案を記述します。 レイヤーの名前は「影響を受けるプロパティ」になります

レイヤーを作成するには、「ビルド」を選択します。これで、作成したレイヤーが表示されます。視覚化のために、「表示」ボタンをタッチして押します。

位相解析マイクロステーション

この代替案はもはやBentley Mapには存在しません。少なくとも、治療法は全く異なります。

ゴルジアルバレス

作家、研究者、土地管理モデルのスペシャリスト。 彼は、ホンジュラスの国家財産管理システムSINAP、ホンジュラスの共同自治体の管理モデル、地籍管理の統合モデル-ニカラグアのレジストリ、コロンビアのテリトリーSATの管理システムなどのモデルの概念化と実装に参加しています。 。 2007年からGeofumadasナレッジブログの編集者であり、GIS-CAD-BIM-デジタルツインのトピックに関する100以上のコースを含むAulaGEOAcademyの作成者。

関連記事

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.

先頭へ戻るボタンに