MicrostationのBingマップをバックグラウンドマップとして配置

7は、Bing Mapをイメージサービス層として使用する可能性を活性化しました。 以前は可能でしたが、Microsoft Bingの更新キーを占めていました。 しかし、あなたが覚えているように、マイクロソフトは現在ベントレーの主要パートナーである パビリオン同盟キーはもはや必要ではなく、CONNECTセッションを開いているだけです。

CONNECTは、更新プログラム、トレーニングコース、ユーザーが管理するプロジェクトの管理、およびチケット管理にアクセスするためのサービスです。 このサービスは、オンラインプラットフォームとクライアントバージョンに存在します。

シンガポール会議で聞いたように、DgnDB / iModel環境でのConceptStationというテクノロジーは、Bingマップサービスへのこの接続だけでなく、すぐにMapBoxとHereも可能にします。

CONNECTクライアント・セッションが開始され、座標系を示すと、属性ビューからバックグラウンド・マップを呼び出すことができます。

Bingデータレイヤーからは、次のものが可能です。

  • 道路の地図:道路と地名を含む地図形式の地図、
  • 空中 - 空中像、
  • ハイブリッド:空中像と道路と地名の組み合わせ、

3Dモデルの道路画像の場合の標高を定義するオプションと、透過率の割合を設定するオプションがあります。

興味深いことに、Microstationのバックグラウンド・マップ構成では、ビュー(View)に関連付けられたバッファーに格納されているため、別々のウィンドウで同期化された独立した保存された方法でアクティブ化され、 Microstationが常に非常に堅牢であるレンダリングを提供します。

今のところ、タイリングはやや遅いですが、インターネット接続のタイプに依存します。 しかし一旦ダウンロードされると、それは不思議に過ぎません。


コマンドラインからサービスを呼び出すには:

キーイング - 背景設定なし|ストリート|航空|ハイブリッド[zOffset、[transparency、[viewNumber]]]

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.