追加
AulaGEOコース

Revit、Navisworks、Dynamoを使用したBIM5Dコースの数量

このコースでは、BIMモデルから直接数量を抽出することに焦点を当てます。 RevitとNavisworkを使用して数量を抽出するさまざまな方法について説明します。 メトリック計算の抽出は、プロジェクトのさまざまな段階で混合され、すべてのBIMディメンションで重要な役割を果たす重要なタスクです。 このコースでは、テーブルの作成をマスターすることにより、数量の抽出を自動化する方法を学びます。 Revit内の自動化ツールとしてDynamoを紹介し、Dynamoでプロシージャを視覚的に作成する方法を示します。

彼らは何を学びますか?

  • 概念設計段階から詳細設計までのメトリック計算を抽出します。
  • Revitスケジュールツールをマスターする
  • Dynamoを使用して、メトリック計算の抽出を自動化し、結果をエクスポートします。
  • RevitとNavisworkをリンクして、数量を取得するための正しい管理を実行します

要件または前提条件?

  • 基本的なRevitドメインが必要です
  • 練習ファイルを開くには、Revit2020以降のバージョンも必要です。

誰がそれを目指していますか?

  • アルキテクトス
  • 土木工事の技術者
  • コンピューター
  • 関連する技術者による作業の設計と実行

もっと詳しく

ゴルジアルバレス

作家、研究者、土地管理モデルのスペシャリスト。 彼は、ホンジュラスの国家財産管理システムSINAP、ホンジュラスの共同自治体の管理モデル、地籍管理の統合モデル-ニカラグアのレジストリ、コロンビアのテリトリーSATの管理システムなどのモデルの概念化と実装に参加しています。 。 2007年からGeofumadasナレッジブログの編集者であり、GIS-CAD-BIM-デジタルツインのトピックに関する100以上のコースを含むAulaGEOAcademyの作成者。

関連記事

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.

先頭へ戻るボタンに