Microstation:キーボードにコマンドを割り当てる

非常に頻繁にコマンドを実行する必要があるときがあります。そのコマンドがワンクリックでない場合、キーボードのボタンに割り当てる可能性があります。

私の技術者は通常、保存されたマクロまたはいくつかのキー入力コマンドを使用してこれを行います。Microstationには、テキストコマンドがフォアグラウンドにあるAutoCADと同じ機能はありません。 これらの中で、いくつかの一般的なコマンド:

xy = 座標を入力するために使用

ダイアログクリーンアップ トポロジカルクリーニングパネルを持ち上げる

フェンスファイル フェンスの内容を別のファイルにエクスポートする

ダイアログ注釈 データベースから地図に注釈を付ける

ダイアログfmanagerの履歴 フィーチャーマネージャーに行かなくても使用されていたフィーチャーにアクセスすることができます。

それを行う方法

-ワークスペース>ファンクションキー。 ここでは、ctrl、Alt、またはshiftの可能な組み合わせで、機能ボタンを選択するパネルが表示されます。これにより、96の機能キー間で最大12の可能な組み合わせを使用できます。

 ファンクションキーmicrostation

たとえば、F1ボタンにゼロシフトコマンドを割り当てたい場合、手順は次のようになります。

-ワークスペース>ファンクションキー

- 選択キーF1

- 編集ボタンを押します

-dl = 0コマンドを追加する

ええ、私たちは救います。

それを適用する方法

それでは、それを適用する方法を見てみましょう。 ファイルに参照として持っている一連のプロパティを図面にコピーしたいと思います。

コピーするオブジェクトを選択する

コピーコマンドを適用する

- 私たちは画面をクリックします

- F1ボタンを押す

- これで、スナップでポイントを選択せず​​にデータをコピーして戻すことができます。大量のデータでこれを実行すると面倒です。

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.