いくつかの

GRAPHISOFTは、BIMcloudをサービスとしてグローバルな可用性に拡張します

アーキテクト向けのBuildingInformation Modeling(BIM)ソフトウェアソリューションの世界的リーダーであるGRAPHISOFTは、BIMcloudのサービスとしての可用性を世界中に拡大し、アーキテクトとデザイナーが今日の自宅から仕事への移行に協力できるよう支援していますこのような困難な時期に、新しいWebストアを通じてARCHICADユーザーに60日間無料で提供されます。

BIMcloud as a Serviceは、ARCHICADチームワークのすべての利点を提供するGRAPHISOFTによって提供されるクラウドソリューションです。 サービスとしてのBIMcloudへの高速で簡単な国際アクセスは、プロジェクトのサイズ、チームメンバーの場所、またはインターネット接続の速度に関係なく、設計チームがリアルタイムで共同作業できることを意味します。 初期のIT投資がなく、迅速で簡単な展開、およびスケーラビリティにより、BIMcloud as a Serviceは、特に多くのアーキテクトがオフィスハードウェアにアクセスできない場合に、リモートコラボレーションのための強力なツールになります。

「ユーザーが自宅で一緒に仕事をすることに慣れるために、世界中のすべてのARCHICADビジネスユーザーにBIMcloud as aServiceへの60日間の無料緊急アクセスを提供しています」とGRAPHISOFTのCEOであるHuwRobertsは述べています。

「以前は限られた数の市場でしか利用できませんでしたが、世界中の地域データセンターのネットワーク全体で可用性を迅速に拡大し、高性能を確保し、あらゆる場所のユーザーのニーズを満たすことができたことを嬉しく思います。 リモートチームのコラボレーションを強化するこの信頼性の高い安全なソリューションは、ユーザーコミュニティが今日の環境でビジネスの継続性を維持するのに役立ちます。」  

Behr BrowersArchitectsのディレクターであるFranciscoBehr氏は、次のように述べています。「BIMcloud as a Serviceは、まさに建築家が家から仕事に移るのに必要なものです。 ITのセットアップは迅速かつ簡単でした。 現在、いくつかの大規模なプロジェクトに取り組んでおり、同僚とパートナー間のコラボレーションは全体的に非常に流動的です。」

ゴルジアルバレス

作家、研究者、土地管理モデルのスペシャリスト。 彼は、ホンジュラスの国家財産管理システムSINAP、ホンジュラスの共同自治体の管理モデル、地籍管理の統合モデル-ニカラグアのレジストリ、コロンビアのテリトリーSATの管理システムなどのモデルの概念化と実装に参加しています。 。 2007年からGeofumadasナレッジブログの編集者であり、GIS-CAD-BIM-デジタルツインのトピックに関する100以上のコースを含むAulaGEOAcademyの作成者。

関連記事

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

先頭へ戻るボタンに