TwinGeo - ジオエンジニアリングコンセプトの再定義-Y1E1

カバーエンジニアリングとしてGeo-engineeringという用語を掲載したTwinGeoマガジンの初版が発表されました。 雑誌は、マルチメディアコンテンツで強化されたデジタル版、pdfでのダウンロード、およびその主人公によってカバーされている主なイベントでの印刷版で、四半期ごとの周期性を持ちます。

この版のメインストーリーでは、ジオエンジニアリングという用語は、データの取得から最初の概念化されたビジネスモデルの開始までのバリューチェーンを含むスペクトルとして再解釈されています。

その中心ページには、GIS、CAD、BIMという用語の進化を反映したインフォグラフィックが掲載されています。これは、その歴史的貢献において、情報管理における標準化の傾向だけではなく成熟してきました。いわゆる「地球科学」のプロセスの再設計、ますます排他的になっています。 インフォグラフィックのスペクトルは、デジタルツインズ、SmartCitiesなどの頭字語で警告された第4次産業革命の枠組みの中でのBIM + PLMのその統合にまで及んでいます。それはUber-Airbnbスタイルの産業で起こっています。

2014 Cadastreによって提案されたものの中で、もう一つの主要な記事は土地管理の傾向を集めています。人間になる 2034 Cadastreが、レジストリテクニックアプローチの下での公の秩序、責任および制限との関連において、更新および空間データ基盤におけるより積極的な役割を持つ最終ユーザーのアプローチを目指す傾向も提示されています。空間的関係だけではありません。

したがって、これら2つの主要記事では、5つのユースケースが含まれています。 3つは一次データのモデリングに焦点を当て、2つは業界のプロセスを改善するためにBIMを採用した結果に焦点を当てています。

  • Lambrosが土木技師のニーズからのCAD-GIS混合ソリューションについて教えてくれるPlex.Earth、
  • その創設者であるe-Cassiniは、地形からの情報のリポジトリが真のシングルポイントHubとしてどのように実現可能であるかを私たちに示しています。
  • Chasmtechの社長は、衛星画像から派生したデジタル地形モデルが、直接得られたものに非常に近い精度を獲得している方法を説明します。

このテーマの枠組みの中で、雑誌は業界の大手企業からのニュースが含まれています。 AutoDesk、Bentley Systems、Esri、Topcon、Trimble、Hexagon、およびMicrosoft。

次の版がしゃべっている間、我々はあなたにこれらの60読書ページを楽しむように勧めます。 今のところ雑誌はのサービスを通じて、デジタル形式で提供されています オンデマンドでの印刷と出荷 またはその主人公が参加するイベントでは物理的な形式で。