追加
ArcGISの-ESRI革新

ArcGISPro3.0の新機能

Esriは、各製品の革新を維持し、他のプラットフォームと統合されたユーザーエクスペリエンスを提供し、それを使用して高価値の製品を生成できます。 この場合、地理空間データの分析に最もよく使用されるソリューションのXNUMXつであるArcGISProの更新に追加された新機能が表示されます。

バージョン2.9以降、クラウド内のデータウェアハウスのサポート、エンティティの動的クラスタリング、ナレッジグラフの使用など、分析を容易にする要素が追加されました。 今回は、インターフェイスで使用できる5つの新機能があります。

インターフェース

インストーラーをダウンロードして実行可能ファイルを実行すると、正しく機能するために.NET6デスクトップランタイムx64が必要であることを示す警告が表示されます。 ここで、最初に気付くのは、メインインターフェイスの変更です。 左側の「ホーム」にメインパネルが追加され、システム構成にアクセスできます。 学習リソース –学習リソース(これにアクセスするためのボタンもあります)。

学習リソースには、新しいユーザーがシステムに少しずつ慣れるためのチュートリアルがたくさんあります。 最近のプロジェクト、テンプレート-テンプレート 開始するプロジェクトのタイプ。

パッケージマネージャ

改善された機能のXNUMXつは、パッケージマネージャーです。 包装マガナー、 以前は呼ばれていました Pythonパッケージマネージャー、ESRIとAnacondaのコラボレーションの結果です。 これにより、condaと呼ばれるパッケージ管理システムを介してPython環境を管理できるようになります。

これは、環境の一般的な状態と生成されたパッケージの変更を監視できる、より受け入れやすい管理者です。 Pythonのバージョン3.9と互換性があります。 デフォルトのArcGISPro環境– arcgispro-py3には、クローンを作成してアクティブ化できる206個のパッケージが含まれています。

各パッケージを選択すると、ライセンス、ドキュメント、サイズ、依存関係、バージョンなど、各パッケージの特定の情報がパネルに表示されます。 パッケージマネージャーのメインメニューでは、新しいパッケージを更新または追加できます(要件に応じて、8000を超えるパッケージを追加できます)。 この機能に関するドキュメントはこちらにあります リンクをクリックします。

一部のアナリストが期待したほど関連性はありませんが、Pythonノートブックにいくつかの更新があったことは言及する価値があります。

レポートにマップを追加する

もうXNUMXつの機能は、レポートにマップを追加することです。 マップがレポートヘッダーまたはフッターに追加される場合、通常は静的です。 ただし、マップフレームをアクティブにして、マップのメインビューまたは縮尺を調整できるようになりました。 一方、グループヘッダー、グループフッター、または詳細サブセクションに追加するマップは、動的タイプです。

ArcGISナレッジ

これは、ArcGIS Proを介して、ArcGISEnterpriseでナレッジグラフを作成できる機能のXNUMXつです。 これらの知識グラフを使用して、非空間的な方法で実世界をシミュレートするモデルが作成されます。 このツールとArcGISProインターフェイスを使用すると、フィーチャタイプとその関係を定義したり、空間データと非空間データを読み込んだり、以前に読み込んだフィーチャを充実させるドキュメントを追加したりできます。

コンテンツが知識グラフに追加され、関係を調査し、後で分析のためにマップまたはグラフに変換されるすべての種類の情報を文書化するにつれて、エクスペリエンスはよりインタラクティブになります。

さらに、ナレッジグラフを使用すると、データのクエリと検索、空間コンポーネントフィーチャの追加、空間分析の実行、リンクグラフの作成、または空間データセットに対する各フィーチャの影響の判断を行うことができます。

情報がこのように管理されている場合、データとその接続により、アナリストは大量のデータ間に存在するあらゆる種類のパターンと関係を迅速かつ効率的に調査できます。

 プリセットのエクスポート

ArcGIS Proで作成された製品、マップ、およびレイアウトのエクスポートプリセットを作成できるようになりました。 特定のタイプのエクスポートに対してユーザーが行った構成が保存されます。 したがって、最終製品を生成するときに、各プロジェクトを個別に調整することなく、エクスポートをすばやく簡単に行うことができます。 これらは、「レイアウトのエクスポート」オプションから利用できます。

変更する形式を選択し、対応するすべてのパラメーターを配置すると、ユーザーが選択した場所またはプロジェクトデータベース内にエクスポートされます。 続いて、「プリセットを開く」オプションから、プリセット形式が選択され、対応するレイアウトビューに追加されます。

色覚異常シミュレーターツール

このツールは、何らかの形の色覚異常(XNUMX型XNUMX色覚:赤、XNUMX型XNUMX色覚:緑、またはXNUMX型XNUMX色覚:青)などの視覚障害を持つ人々のために設計されています。 彼らは特定のモードで地図をシミュレートし、視覚障害者のように表示できるようにメインビューのコンテンツを変換できます。

 アップデート

  • マルチスケールの地理的に重み付けされた回帰(MGWR): このツールを使用すると、係数の値が空間によって変化する線形回帰を実行できます。 MGWRは、説明変数ごとに異なる近傍を使用し、モデルが説明変数と従属変数の関係の間のさまざまなバリエーションをキャプチャできるようにします。
  • モデルビルダー: 新しいセクションがあります "概要" レポートビューのビュー。モデルが作成および変更されたバージョンなど、モデルの特性を確認できます。 機能もご利用いただけます 「表現があれば」 Python式が「true」か「false」かを評価します。 モデルを直接開くことができるため、モデルをArcGISPro3.0の特定のバージョンに保存する必要はありません。
  • テーブルとグラフ: ヒートチャートは、単一のカレンダービューに時間データを集約するように、または完全な線形スパンを表示するように構成できます。 統計プロットは、平均または中央値の統計で並べ替えられます。 マルチシリーズの棒グラフ、折れ線グラフ、または散布図の適応軸の制限を調整できます。
  • パフォーマンスと生産性: レイアウト、レポート、またはマップチャートの画像は、バイナリ参照として保存されるため、プロジェクトのサイズが小さくなり、開く速度が速くなります。 パケットの作成は非常に高速で、キャッシュデータのアクセス速度が向上しています。

フィーチャのエクスポート、テーブルのエクスポート、フィーチャパスのコピーなど、いくつかのジオプロセシングツールが改善されました。 ツールボックスの形式は.atbxで、モデルの追加、スクリプトツール、プロパティの変更、メタデータの編集などのプロセスを実行できます。 使用しているツールボックスを他のバージョンのArcGISProの互換モードで保存することもできます。

Pythonボックスに含まれているツールは、検証機能をサポートしています postExecute、プロセスの終了後に使用できます。

  • ラスター機能: 複合色の作成、表面パラメータ、地形の平坦化など、SAR画像処理のカテゴリが追加されました。 ラスターデータに関連する他の更新された関数の中には、セル統計、カウント変更、焦点統計、ゾーン統計があります。

LIDARおよびLASデータの場合、LASデータセットピラミッドのおかげで小規模なデータ描画が可能であり、新しいシンボルが追加されています。 LASデータ管理の新機能が3Dアナリストツールボックスに追加されました。

  • マッピングと視覚化: シンボル体系とラベル付け機能の改善、Arcade1.18との互換性。 火星や月などの宇宙座標系、一部の座標系の名前の変更と変換方法の修正、または新しいジオイドベースの垂直変換が追加されました。 ラスターシンボルをエクスポートする機能、OpenStreetMapからの3Dデータの探索、シーンをさらにリアルに見せるための視覚的な強化、DEMまたは等高線に基づく標高ポイントの作成を追加しました。
  • その他のツール: ArcGIS Pro 3.0のその他の拡張機能には、新しいBusiness Analystツールボックスツール、拡張変換ツールボックス(JSON、KMLツールセット、Point Cloud、ジオデータベース、データ管理ツール、機能ビニングツールセット、機能クラスツールセット、写真ツールセット、ラスターツールセット、編集ツールボックス、GeoAI)が含まれます。ツールボックス、GeoAnalyticsデスクトップツールボックス、GeoAnalyticsサーバーツールボックス、Geocodingツールボックス、Image Analystツールボックス、Indoorsツールボックス、Location Referencingツールボックス、Spatial Analystツールボックス)。 BIM、CAD、Excelデータのワークフローが改善されました。

ArcGISPro2.xから3.0への移行

Esriは、以前に作成されたプロジェクトやファイルがこの新しいバージョンでは表示および/または変更されない可能性があるため、バージョン2.xと3.Oの間に互換性の競合があることを確認します。 彼らはこの点に従って起こりうる合併症が何であるかを完全には説明していませんが。

両方のバージョン間の移行または同時作業に関するEsriの最も顕著な推奨事項のいくつかは次のとおりです。

  • まだArcGISPro2.xを使用している他の組織またはチームメンバーと共同作業する場合は、バックアップコピーまたはプロジェクトパッケージを作成します。
  • 共有については、コンテンツがダウングレードされる可能性がありますが、ArcGISEnterpriseまたはArcGISServer 10.9.1、または以前のバージョンのArcGISPro3.0と引き続き共有できます。 新しい機能を使用するには、ArcGISPro3.0とArcGISEnterprise11を併用してください。
  • 任意のバージョンのArcGISPro2.xに保存されているプロジェクトおよびプロジェクトテンプレート(.aprx、.ppkx、および.aptxファイル)は、ArcGISPro2.xおよび3.0で開いて使用できます。 ただし、ArcGIS Pro 3.0で保存されたプロジェクトおよびプロジェクトテンプレートは、ArcGISPro2.xでは開くことができません。
  • プロジェクトパッケージはバージョン3.0で作成し、2.xでプロジェクトとして開くことができます。
  • 3.0.xバージョンのArcGISProで開くことができるArcGISPro2プロジェクトのコピーを保存することはできません。プロジェクトを2.9などの最新バージョンのArcGISProで保存すると、以前のバージョンのArcGISで開くことができます。 Pro 2.xは2.0と同様ですが、プロジェクトは以前のバージョンに適した方法でダウングレードされます。
  • 現在のプロジェクトがArcGISPro2.xで作成されている場合、バージョン3.0への変更を保存する前に警告メッセージが表示されます。 続行すると、プロジェクトのバージョンが3.0に変更され、ArcGISPro2.xでプロジェクトを開くことができなくなります。 プロジェクトが共有されている場合は、ArcGISPro2.xに固有のプロジェクトを使用してバックアップします。 グアルダーコモ。 バージョン1.xプロジェクトは引き続き開くことができます。
  • プロジェクトファイル内のコンテンツの構造は、バージョン2.xと3.0の間で変更されません。
  • ユーザー設定が転送されます。
  • マップ、レイヤー、レポート、およびレイアウトファイル(.mapx、.lyrx、.rptx、および.pagx)は、2で作成または保存されると、3.0.xバージョンで開くことはできません。
  • マップドキュメントは、バージョン3.0のJSONファイルにあります。 バージョン2.x以前では、XMLで作成されます。
  • グローブサービスレイヤーは、バージョン3.0ではサポートされていません。 元のレイヤーを、マップサービスやフィーチャサービスなどのサポートされているサービスに公開することをお勧めします。 標高に地球儀サービスを使用するプロジェクトでは、Esriのデフォルトの3D地形サービスを使用できます。
  • ラス パッケージング用のジオプロセシングツール 以前のバージョンのArcGISProを使用して他のチームメンバーとのコラボレーションを可能にするパッケージを作成します。サービスとWebレイヤーは、移行先サーバー上の互換性のあるコンテンツと共有されます。 これは、ArcGISPro11にアップグレードするためにArcGISEnterprise3.0に移行する必要がないことを意味します。 ArcGISEnterpriseまたはArcGISServer10.9.1以前と共有する場合、最新のコンテンツが以前のバージョンにダウングレードされる場合があります。 ArcGIS Enterprise 11.0と共有する場合、Webレイヤーとサービスには、ArcGISPro3.0で利用可能な最新のコンテンツが含まれます。
  • バージョン3.0で作成されたデータセットは、下位互換性がない可能性があります。
  • ArcGIS Pro 2.xのバージョンに基づいて構築されたプラグインは、再度構築する必要があります。 尋ねる ArcGIS Pro SDK for.NETWikipediaの記事 詳細については。
  • .esriTasksファイルとして保存されたタスクアイテムは、バージョン2に保存された後は、ArcGISPro3.0.xで開くことができません。
  • ArcGIS Pro 3.0では、Pythonxlrdライブラリがバージョン1.2.0からバージョン2.0.1に更新されています。 xlrdのバージョン2.0.1は、MicrosoftExcel.xlsxファイルの読み取りまたは書き込みをサポートしなくなりました。 .xlsxファイルを操作するには、openpyxlまたはpandasライブラリを使用します。

最新の状態に保つために、EsriがArcGIS3.0に関して提供するその他の情報を監視します。 ツールを最初から高度なものまで理解するのに役立つArcGISProコースもあります。

関連記事

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.

また、チェック
閉じる
先頭へ戻るボタンに