追加
AutoCADのオートデスク地理空間 - GIS第一印象

Bricscadのための空間存在マネージャー

  • BricsCAD用のSpatial Manager™の最初の商用版(そして無料の試用版)が今すぐダウンロードして購入することができます。 現時点では、アプリケーションに含まれる言語は英語とスペイン語です。

BricsCAD用のこのアプリケーションは、データテーブルの情報を失うことなく、地理空間データをBricsCADエンティティとしてインポートする必要があるBricsCADユーザーのための革新的なツールとして誕生しました。

一言で言えば:

  • ファイル、データサーバ、および地理空間ストアからの空間データをBricsCAD図面のDWGエンティティとしてインポートします。
  • 座標系間でジオメトリを変換します。
  • データテーブルをBricsCAD拡張エンティティデータとして読み込みます。 EEDディスプレイを含みます。
  • すべての機能は便利なBricsCADパレットにまとめられています。

Spatial Manager™のダウンロードページ

アプリケーションは、各ユーザーのニーズに応じてパフォーマンスと価格の間の最良の関係を提供し、2つのエディション、標準と基本で利用可能です。 さらに、インストール日から30日間使用可能な無料の試用版をダウンロードすることができ、どちらの版も試すことができます。
 

特徴:

    • 空間データファイル(SHP、GPX、KML、OSM、MIF / MID、TAB、E00、SQLite、ASCIIポイントなど)、データベース、または空間データストア(SQL Server)から直接BricsCADに空間データをインポートするポイントまたはWKB(Excel、Access、dBaseなど)のためのSpatial、PostGIS、WFSなど)およびODBCの空間接続
    • エンティティは、新しい図面または開いた図面にインポートすることができます。

  • エンティティがインポートされる宛先レイヤーの選択、またはさまざまな宛先レイヤーを定義するためのフィールドの値の使用。
  • お気に入りの座標系を使用してジオメトリを変換します。
  • Extended Entity Data(EED)としてテーブルからデータをインポートする。
  • Extended Entity Data(EED)表示パネル。
  • ブロックのインポート、ブロック、塗りつぶし、重心などを使用したエンティティのインポートまたはグラフィックの改善。
  • あなた自身のショートカットとユーザーデータソースの管理。
  • データソースのプロパティパネル。
  • BricsCADのWindows、Pro、またはPlatinumエディションで動作します。
  • 独自のデータプロバイダを使用します。

を通して 単一のパレットの使用 アプリケーションのすべての機能を集中させるために、その管理は他のBricsCADネイティブパレットのそれと同様です。 このパレットであなたはあなた自身のものを設定することができます データソース 始める インポートプロセス グラフィックエンティティと英数字データを表示し、画面に表示します。 自動的にEEDに変換 (拡張エンティティデータ)をインポートします。

 

「インポート」ウィンドウでは、インポートプロセスの最も重要なパラメータ、つまりインポートされたエンティティがどのように配布されるかを設定できます。 異なる層それぞれの場合に使用されるエンティティの種類、 インポートしたポリゴンを記入 シェーディングを使う 新しく作成されたレイヤーにランダムな色を割り当てるなどです。

 

 

以下に、この魅力的なツールの最も重要な機能のいくつかを紹介する短いビデオを見つけることができます。

 

 

アプリケーションの商用ライセンスは、Spatial Manager™Webサイトの価格ページから購入できます。

Spatial Manager™料金表ページ
BricsCAD用のSpatial Manager™を試すことにした場合に興味があるかもしれない他のアドレスもいくつか示します。

BricsCAD製品ページのSpatial Manager™
BricsCAD Wiki用のSpatial Manager™

ゴルジアルバレス

作家、研究者、土地管理モデルのスペシャリスト。 彼は、ホンジュラスの国家財産管理システムSINAP、ホンジュラスの共同自治体の管理モデル、地籍管理の統合モデル-ニカラグアのレジストリ、コロンビアのテリトリーSATの管理システムなどのモデルの概念化と実装に参加しています。 。 2007年からGeofumadasナレッジブログの編集者であり、GIS-CAD-BIM-デジタルツインのトピックに関する100以上のコースを含むAulaGEOAcademyの作成者。

関連記事

1つのコメント

  1. こんにちは、

    vielenDankfürdiesenBeitrag。 Anscheinend isterschonetwasälter。 MittlerweilehatsichnämlicheineMengegetan、Vor allemgibtesfürBricsCAD(およびAutoCAD und ZWCAD)vieleNeuerungen。 Allemeineの「プロフェッショナル」バージョン。 DamitkönnenGeodatenauchexportiertwerden。 Auch HIntergrundkarten(ZB OSM、Bing- und Google Maps sowie WMS Dienste)könnendynamischangezeigtwerden。

    VieleGrüße-ピーター

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.

先頭へ戻るボタンに