4 Google Earth 6.3の新機能

私はGoogle Earth 6.2.1.6014のベータ版をダウンロードし、ユーザーが教えてくれたことを裏付けました。面白い改善がいくつかあります。 他にもありますが、私たちの目的のために、これらの4ニュースは私にとって非常に役に立つと思われます。 これは6.2のバージョンに登場したものの、安定性が増したようです。

1 Google EarthにUTM座標を直接入力する

座標を挿入することが可能になりました UTM形式。 このためには、もちろん、投影座標を表示するようにプロパティを設定する必要があります。

ツール>オプション> 3Dビュー ここで設定しました ユニバーサルトラバーソデメルカトル

したがって、新しい位置マークを入力するとき:

追加>目印

この画面が表示され、Zone、East Coordinate、North Coordinateを定義することができます。 X、Yフォーマットを使用するのに慣れているので、順序が混乱する可能性があることに注意してください。この場合、最初はLatitude(Y)、次にLength(X)です。

Google Earthのutm座標

悪くはないが、ルートやポリゴンではできないのでかなり悪いですが、もちろん得ることはできません 座標リスト.

2 Google Earthで写真を追加する

これは新しいタイプのオブジェクトで、既存のもの(ポイント、ルート、ポリゴン、スーパーインポーズされたイメージ)に追加されます。これで写真を追加できます:

追加>写真

ここでは、ローカルやインターネットに適した画像を配置できます。 カメラの回転角度、視界の高さ、透明度、高さを設定できます。 一度挿入すると、それが近づくと、私たちが定義した可視性の高さでただちに消えます。 面白いのは、この画像には、表示データをクリックしたときにクリックされた画像の任意の場所をクリックすることができるように、この画像にプロパティが設定されているということです。山の眠り、特に写真を撮るときに向きをサポートしている携帯電話やタブレットで。

Google Earthのutm座標

 

オブジェクトのプロパティに写真とハイパーリンクを追加する

これは前にしなければならなかった 純粋なhtmlコード。 画像やハイパーリンクを追加したり、ポイント、ルート、ポリゴンまたは写真を適用できるようになりました。

Google Earthのutm座標

イメージを追加するときも同じことが起こります。Google Earthのutm座標

もう一方のボタンが使用されます(画像を追加...)、ルートが挿入され、ボタンが押されたとき 受け入れます:

先ほど説明したhtmlタグがあります。 バックグラウンドで大きな問題ではなく、htmlコードの作成を容易にしましたが、イメージサイズのプロパティはありません。たとえば、誰かが言語を知らない場合は挿入するのが複雑になります。

 

 

ネットワークリンクを挿入する

これはまだ残っていますが、Google Earthを使用してインターネットからのデータを表示するブラウザを埋め込むことができます。 HTMLだけでなくCSSも。 これは次のように行われます。

追加>ネットワークリンク

ブラウザに表示されたGeofumadasコードを追加したことを確認して、Chromeをブラウズしているかのように、サイト全体をどのように展開できるかを見てください。 あらかじめ設定したブラウザで開くが、Internet Explorerで開くオプションが表示されたボタンがあります。

Google Earthのutm座標

外部デジタルモデルを挿入することもできますが、現在はCollada形式(.dae)のみをサポートしています。

安定版が届かない限り、Google Earth 6.2.1.6014 Betaをダウンロードできます このサイトから

1つの返信 "Google Earth 4からの6.3ニュース"

  1. それは良いことだ、私は言ったが、私はそれを行うことはできません、私は電話のスピーカーをダウンロードすることはできません。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.