Microstation Geographics、データベースに接続

GeographicsはBentleyの旧バージョンですが、Benley MapとCadastreがここにとどまった後、Geographicsプロジェクトマップのデータベースを接続したい学生のためのメモがあります。

前のトピックから

Geographicsがどのように機能しているかについて前に説明したポストでは、この15エントリの要約が、私が本当に楽しんだことを示しています。

  1. フィーチャーブック
  2. テーマ別
  3. 位相的洗浄
  4. 線を結ぶ
  5. 位相解析
  6. ローカルプロジェクトを接続する
  7. 形状ファイルからのインポート
  8. 座標メッシュの作成
  9. いくつかの diferencias ベントレーマップ
  10. VBAによる開発
  11. サインとの違い
  12. Bentley Mapに移行する
  13. Gとスモーク! ツール
  14. インスピレーションの例

何が起こるかというとGeographicsは常にソフトウェアのような展開の管理者レベルのためにスモークの事を知ってあったということです。 ユーザーは基本的なルーチンを実装するために行うことを学ぶ必要がありますが、それでも行かせたくないプロ向こう見ずユーザーを擁護しているベントレーのサポートは応答しませんがツールです。

接続するもの

ジオグラフィは、唯一のベースでも唯一の接続モードでもないが、少なくともOracle、SQLServer、またはAccessデータベース(好ましくはODBC経由)に接続することができます。 前のリストの6で説明したように、接続が作成されます。

接続するもの

地理学、これらのバージョンでは、オブジェクト接続リンクを介して動作します(エンジニアリングリンク)で、線、点、セル、または多角形にすることができます。 この接続は次のように機能します。

  • 接続オブジェクトはマップ上になければなりません.425876フォームのタブ番号を仮定します。
  • MsLinkは、マップ上で繰り返されない番号で、オブジェクトがデータベースにリンクされると関連付けられます。
  • MapIDはmslinkを登録されたマップに関連付ける番号なので、あるマップから別のマップへMsLinkを繰り返すことができます。違いはマップ登録番号です。上記の12サブセクションで説明しました。
  • 一旦リンクされると、Geographicsでデータベースの他のテーブル、例えば納税者の登録簿、土台の値などを視覚化することができます。これらを使用して、トポロジカル分析、テーママップ、地図への注釈などの操作を行います。

データベース

  • Geographicsプロジェクトと対話するには、データベースに次の表が含まれている必要があります。

カテゴリ
特徴
mapsmscatalog
ugcategory
ugcommandugfeature
ugjoin_cat
ugmap
ugtable_cat

  • さらに、接続先のテーブル(例えば、指紋レジスタと呼ばれるものとします。 プラグ)MsLinkという名前の列を大文字のMとLで入力する必要があります。 これはオートノミータイプでなければならないので、新しいタブが作成されるたびに、繰り返されない番号が割り当てられます。
  • また、表には次の列を追加する必要があります。

エリアこれらの列の名前は重要ではありません。興味深いのは、小数点以下2桁の数値であることです。 これは、データベース内のプロパティの領域を更新するためのものです。

境界前のように、プロパティの辺の合計の値を格納します。

x1、 y1、 x2、 y2。 これらは、プロパティの範囲を定義する座標を格納する4つの列で、ファームに移動するのに便利です(検索する)を選択し、Geoweb Publisherに公開することもできます。

  • 次に、データベースのmscatalogテーブルに、パターンのテーブルを含めて識別子を割り当てる必要があります。 これは、次のステップでGeographicsからテーブルを表示できるようにするためであり、カタログに登録することができます。

地図

  • 地図は登録されていなければなりません。 プロジェクト/セットアップ/登録マップ/ dgnファイル。 これにより、マップはugmapsテーブルの数値を取得します。
  • 作成されたテーブルは、地理情報から作成する必要があります。 これのために行く必要があります プロジェクト/セットアップ/テーブル/テーブルカタログ。 ここでは、名前にFILE、プライマリキーにMSLINK(大文字)と別名(この場合はFC)を配置して作成されます。 その後、 コミット。 これで、私たちは電話する準備が整いました。

MSLINK

彼は電話する

オブジェクトはテーブルのフィールドにリンクされます プラグ、を通じて mslink 主キーとして、列との一致に基づいて key_file.

バインドするオブジェクト(マップ上のタブ番号を想定)とパターン内の識別子の間に一意の一致がなければなりません。 それはファイル番号または指紋キーでもよいが、同じマップ上で繰り返されるべきではない。

MSLINK スイッチを入れるには、 フェンスそれから データベース/テキストマネージャ。 通話を続行するには、プラグ番号レベルのみを残します。 次に、リンク先の表の名前と一致する列を選択します。 この場合、Tabテーブルとカラム key_file.

オプションを有効にします フェンス、 我々はボタンを選択する 参加します 画面をクリックしてください。

  • 完了、 MSLINK Gegraphicsは、マップ上のトークン番号のすべてのフィールドを検索しました。これはテーブルのデータベーストークン番号と一致しました プラグkey_file。 そして、彼は mslink その列の自動番号。 これをテストする方法は、コマンドを使用することです レビュー属性関連するテーブルを持ち上げる必要があります。
  • エリアと周辺を更新するには、レベルまたは 特徴 プロパティとリンゴの境界、および重心。 それから、 データベース/エリア周辺u
    ディスコルディア暦
    .
  • 座標を更新するには、 データベース/座標の更新
  • インセット データベースに新しいレコードを作成し、 update 更新を行う。

私は知っている、私は認識しています。 今、彼らはVBAツールを使ってこれらのことが自動化されている理由を理解しています...

しかし、その論理を学ぶことは、私たちの脳の一部を開発した精神的な運動でした。 ザ 地理空間管理者 そのアパートもあります。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.